バッテリーフォークリフトのイメージは、
この一台から、変わる。

バッテリーフォークリフトのイメージは、<br>この一台から、変わる。

pdfファイルでご覧いただけます。
(2,331 KB)(429 KB)

バッテリーフォークリフトは、

アウトドアでは使えない?
パワー不足だ?
充電に時間がかかる?
メンテナンスが面倒だ?

そのすべてに、NO!と言おう。

バッテリーフォークリフトのイメージは、この一台から、変わる。

「アウトドア・バッテリーフォーク」と呼びたいほどの耐水性能、耐粉塵性能。

たとえば、港湾や漁港など、路面の水を巻き上げながらの作業や、雨の中での作業に耐えうる耐水性能がある。たとえば、木屑が舞う材木工場、紙粉が舞う製紙工場でも粉塵を気にすることなくタフに使えるバッテリーフォークリフトである。

「わずか1時間の急速補充電」で、バッテリー容量の約80%まで回復。

稼働時間が長い現場や、急な残業の時。従来のバッテリーフォークリフトが苦手な場面でこそ、その差が鮮明になる。たとえば、昼休み1時間の急速補充電で、1日の稼働時間を大幅に延長できる。また、屋外での充電も可能。さらに、補水不要になり、メンテナンスにかかる時間と手間がなくなった。

「燃料コストが安い」「環境性能が優れている」というメリットはそのまま。

電気代は、ディーゼル車の燃料費の約1/5。CO2の排出量は、約1/3。
バッテリーフォークリフトのメリットを変えることなく、生まれ変わったのだ。

FE25-1

ELECTRIC FORKLIFT TRUCK

日本経済新聞 2014年05月13日(火)
日刊木材新聞 2014年05月21日(水)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。