地域人材育成

「地域社会が必要としていて、かつ最もコマツの強みを発揮できる社会貢献活動は何か」を考えたら、「人を育てること」に行き着きました。雇用に結びつくための技能取得を目指し、それぞれの地域の事情に合わせた人材育成プログラムを、国・自治体や、学校などの機関と連携して実施しています。

多様な分野と支援形態

世界の地域情勢にあわせた人材育成

コマツは本業のビジネスで培ってきた人材育成のノウハウを活かして、社内のみならず、各地域で必要とされている人材の育成のための支援を行っています。

一言で「人材育成」と言っても、求められる内容は、地域によってまったく異なります。グローバルに事業を展開するコマツは、その地域でどのような支援が求められているのかをよく理解し、さまざまな分野・形態で、支援を行っています。

下のピラミッド図は、コマツが行う人材育成の支援分野を示したもので、頂点に近づくほど、コマツの事業内容により密接したプログラムを表しています。裾野への取り組みは小学校などを対象にした理科教室などで、主に日本や欧米などの地域で積極的に行っています。次の基礎教育の提供は、国や地域による様々な事情から就業に必要な教育を十分に受けることができない(できなかった)人々に対する支援で、南米や南アフリカ共和国などで、独自のプログラムを展開しています。大学や職業訓練校に対しては、広い地域で取り組んでおり、コマツのカリキュラムや機材を提供したり、また講師を派遣したりしています。頂点の部分は、人材育成が社会課題となっている地域において、国・自治体や、お客さまとコマツが連携して、人材育成に取り組んでいます。

実際の支援内容は、コマツからの講師派遣や、教材・機材などの提供、また設備を提供したり、研修生の受け入れを行うなど、日頃培ったさまざまなノウハウを最大限に活用しています。

人材育成の支援分野と形態

講師派遣

教材・機材提供

設備提供・運営支援

研修生受入れ

【2016年度の活動紹介】
インドにおける溶接技術者の育成支援

コマツインディア(KIPL)チェンナイ工場では、地元の若者の人材育成など、周辺コミュニティの開発に力を注いでいます。KIPLが2010年から支援を続けている職業訓練校のIndustrial Training Institute (ITI)に対して、KIPLで実際に働く溶接技術者2名を講師として派遣し、若者達の就労支援にあたっている活動もその一つです。

ITIの溶接課コースに通う16-18歳の学生は現在19名。彼らに対し、クラスルームでの座学と実務訓練場での溶接実技演習の両方を指導することで、より実践的な技術の伝承を図っています。

支援前は教育設備や教師が極端に不足、学生は通学するもののまともな授業を受けられない状態だったという本校をKIPLは支援先に指定、卒業後に企業への就職が叶った割合は支援前の約20%から約60%へと大幅に改善することになりました。2010年以降、KIPLは3-6ヶ月の有期雇用として11名の卒業生を採用、最終的に5名が溶接技術者として正社員登用されています。

支援を行うKIPLにとっては、優秀な学生を即戦力として採用できるようになるというメリットがあり、ITIに通う学生にとっては、卒業後に地元を離れずにメーカー企業へ就職するための技量を身に付けられるということで、双方にとって魅力的かつ有意義な取り組みとして成長を続けています。

教室での座学
実務訓練場での演習