環境マネジメント

コマツと環境との関わり

環境と社会の持続的発展のために「コマツができること、しなくてはならないこと」を考え、コマツグループ全体で実現に向けた活動を推進しています。

私たちコマツは、事業活動が地域および地球規模の環境問題と深く関わりがあることを認識し、以下の重点4分野を重点テーマとして取り組みます。

  1. 気候変動への取り組み
  2. 循環型社会構築への取り組み
  3. 大気・水環境などの保全および化学物質管理
  4. 生物多様性

コマツグループは、2010年に内容を見直した「地球環境基本方針」に沿い、

  • 持続可能な発展への貢献
  • エコロジーとエコノミーの両立
  • 企業の社会的責任

を基本理念に、全事業領域にわたりグローバルな実現に取り組んでいます。

コマツグループの事業活動と環境との関わり

地球環境基本方針

地球環境基本方針(2010年6月改定)

基本理念

1. 持続可能な発展への貢献

人類は、豊かで快適な社会を発展させるとともに、かけがえのない地球環境を健全な状態で次の世代に引き継いでいかなくてはなりません。
私たちコマツは、環境保全活動を経営の最優先課題の一つとして位置付け、あらゆる事業活動において、先進の技術をもって環境保全に取り組み、製品のハイブリッド化によるCO2削減やモノ作りによって持続可能な発展に貢献します。

2. エコロジーとエコノミーの両立

私たちコマツは、エコロジー(環境に優しい)とエコノミー(経済性に優れている)の両立を追求し、お客さまに満足いただける優れたモノ作りを行います。商品の生産から廃棄までのライフサイクル全体の環境負荷が最小限になるように努めるとともに、燃費の改善やリサイクル可能率の向上など、経済性にも優れた商品を提供するために、常に技術革新に取り組みます。

3. 企業の社会的責任

私たちコマツは、それぞれの事業所の立地している地域の法令の遵守はもとより、地球環境および各地域の環境課題を踏まえた自主基準を制定して環境保全を推進します。また、各地域の環境保全活動に積極的に参加し、地域社会との緊密なコミュニケーションを図ることによって、企業の社会的責任を果たすとともにコマツを取り巻くあらゆる関係者(ステークホルダー)から信頼される企業をめざします。

行動指針

1. 地球環境問題への基本姿勢

私たちコマツは、事業活動が地域および地球規模の環境問題と深く関わりがあることを認識し、以下の重点4分野の環境問題について次の基本姿勢で臨みます。

1)気候変動への取り組み

研究・開発から調達・生産・物流、さらには販売・サービスまでのすべての事業活動ならびに商品・サービスの全ライフサイクルで使用するエネルギーおよび排出する温室効果ガスを削減します。

2)循環型社会構築への取り組み

事業プロセスを通じて、材料・水などの地球資源の投入量を極力削減し、それらの循環を可能な限り推進し、生産活動におけるゼロエミッションをグローバルに展開するとともに、協力企業・販売会社などすべての事業領域での廃棄物管理の徹底を図ります。
また、商品廃棄時のリサイクル可能率の向上にも継続的に取り組みます。

3)大気・水環境などの保全および化学物質管理

水質保全、大気汚染防止、騒音振動防止などについて、地域の法令はもとより自ら制定した基準も含め遵守します。
また、事業活動の中で使用する化学物質の確実な管理を行うとともに、有害な可能性のある化学物質は継続的に削減・代替に努め、可能な限り使用を中止します。

4)生物多様性

生物多様性を地球環境の一つの重要課題と認識し、事業領域全体で生物多様性への影響を評価・把握・分析し、影響・効果の高い施策から優先して取り組みます。

2. 環境管理体制の構築

コマツ本社・生産事業所および主要な関係会社は環境ISOの認証を取得し、環境管理体制の維持・向上をめざし、その他の事業所・協力企業も環境管理体制を整備し、グループ全体での環境負荷低減に取り組みます。
「コマツ地球環境委員会」では、コマツグループの環境行動計画および環境に関するガイドラインを策定します。これに基づき、グループ各社・各事業所はそれぞれの中長期目標を設定し、具体的な行動計画を策定・推進するとともに定期的にレビューを行い、継続的な改善に取り組みます。

3. 環境教育および環境コミュニケーション

私たちコマツは、一人ひとりの環境意識の向上が大事であると考え、全従業員への環境教育・啓発活動を積極的に推進します。
環境情報について、生産事業所だけでなく、主要関係会社・協力企業などの環境関連情報も収集し、事業活動全体の情報公開に努め、お客さま、従業員、地域社会、協力企業など、コマツを取り巻くすべてのステークホルダーとの積極的な対話を深め、環境コミュニケーションをより充実させます。

中長期目標と進捗

2015年のCOP21において、長期的なCO2削減目標が示される中、コマツとして気候変動対策に貢献するために、中長期目標(2020年、2030年)を設定し、2016年度からこれを目標に活動を進めることとしました。
建設機械製品のライフサイクルでのCO2発生を見たとき、建設機械稼働時に排出するCO2が、その90%程度と大部分を占めていることから、今回、2030年までの建機製品の燃費目標も設定し、ライフサイクル全体でのCO2削減に取り組んでいきます。
また、日本国内の生産におけるCO2削減に関しては、2011年の東日本大震災後の電力事情を考慮し、一層厳しい目標を設定しました。
また生産に関しては、CO2だけでなく、廃棄物発生量や水投入量についても国内・海外工場での目標値を決め、資源の有効利用を進めます。物流でのCO2も2030年までの中長期目標を設けました。
さらに、2016年度からの中期経営計画(2016~2018年度)では、ESGへの取り組みの強化推進を表明し、建設機械製品の作業量当たりCO2排出量削減についても、重要指標として目標を設定しました。

第三者保証チェック

中長期目標

区分 対象 適用 指標 基準年 中長期目標
(削減率)
進捗(結果)
2017年度
2020年 2030年
生産

CO2

国内

原単位改善率

2000年

57%

65%

39.2%

海外

原単位改善率

2010年

32%

40%

26.2%

廃棄物

国内

原単位改善率

2010年

10%

20%

7.9%

海外

原単位改善率

2010年

10%

20%

3.8%

国内

原単位改善率

2010年

40%

50%

42.7%

海外

原単位改善率

2010年

10%

20%

40.7%

物流

CO2

国内

原単位改善率

2006年

32%

39%

29.2%

海外

原単位改善率

2011年

13%

22%

-5.8%

建設機械製品

CO2

ハイブリッド油圧ショベル

燃費削減率

2007年

40%

45%

36%

ノーマル車(非ハイブリッド)

20%

25%

3~11%

  • マイナスは増加を示す

中期経営計画での追加目標

第三者保証チェック

区分 対象 適用 指標 基準年 2025年目標
(削減率)
進捗(結果)
2017年度
建設機械製品使用時CO2

CO2

全世界で生産した建設機械

作業量当たりCO2削減率

2007年

25%

7.4%

SBT(science-based targets)認定

コマツのCO2削減目標は、2017年4月11日SBTとしての認定を受けました。
SBT(science-based targets)とは、「科学と整合する目標設定」のことです。
COP21(パリ協定)で世界各国のCO2排出量削減目標が提出されましたが、目標値を合計しても、2100年の地球平均気温が、産業革命前のそれと比べ、気温上昇が2℃以下に抑えられません。そこで世界の企業がより精査した上で、削減目標を見直し、2℃以下に到達するようSBTi(SBTイニシアチブ:CDP,Global Compact,WRI,WWF)が支援し認定するものがSBTです。
コマツのSBTは、2℃以下に抑えるシナリオ(IPCC:RCP2.6)の要求を満たしています。

コマツのSBT

  1. SCOPE1+2:原単位 -49%(目標年2030年;基準年2010年)
  2. SCOPE3:総量 -46%(目標年2030年;基準年2012年)
  • 2015年に新中長期目標(2020年、2030年)を開示しているが、SBTiの要請(国内外を同一基準年とする等)が新中長期目標と条件が異なるため、目標数値は違うが、削減率は同等である。

環境行動計画と2017年度の活動結果

「コマツ地球環境基本方針」を推進するために、分野ごとに環境行動計画(取り組み方針)を策定し、年度ごとに活動目標を掲げ、達成状況などをフォローしながら着実な活動を進めています。

2017年度の活動結果一覧はこちらからご覧いただけます。

各分野の活動目標と活動結果

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

事業活動と環境との関わり

コマツグループは、さまざまな部品や原材料を調達し、生産工程では材料、水、エネルギーや化学物質などの多くの地球資源を活用してお客さまに商品を提供しています。このような事業活動は各段階で環境負荷を生み出します。

そのためコマツグループでは、事業活動に関わる環境負荷を把握し、中長期目標を策定し、環境負荷の低減に取り組みながら、より付加価値の高い商品やサービスの提供を続けていきます。

海外を含むコマツグループの事業活動にともなう環境負荷(2017年度)

第三者保証チェック

地域別の環境負荷指標

第三者保証チェック

Scope1:事業者から直接的に排出するCO2

(発電機、ボイラなどの使用によるCO2排出)

Scope2:事業者から間接的に排出するCO2

エネルギー

水資源

CO2

廃棄物

環境管理体制

環境管理体制

ISO14001

ISO14001統合認証

ISO14001統合認証

コマツは環境保全への体系的な取り組みを強固にし、マネジメントの質を高める目的で環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001の認証取得を積極的に推進しています。
1997年より、国内外の生産事業所において個別に認証を取得してきましたが、グループ全体のマネジメントレベル向上のため統合認証の取得を進めており、2005年度には第一ステップとしてコマツ4工場(粟津・大阪・真岡・小山)における統合認証を取得しました。(※その後、真岡は2010年に閉鎖)
2007年度には、第二ステップとして国内の認証未取得の非生産事業所と主要な関係会社に対して認証取得活動を進め、2008年5月にコマツ国内グループとしての統合認証を取得しました。2017年からは販売・サービス部門も含めた活動を行い、2018年3月のISO14001:2015移行審査では、コマツ建機販売及びコマツレンタルも統合認証に加わりました。
海外では、2015年度に主要な生産事業所の100%認証取得が達成されています。

国内統合認証範囲一覧

日本の事業所の環境方針

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

海外現地法人環境監査

ロシアおよび中国の現地法人の環境監査

KMRでの環境監査
KMRでの環境監査

コマツは2007年度より計画的に海外現地法人のコンプライアンス・リスク監査を行っています。
2017年度は、ロシア(KMR)と中国(KCF)で環境監査を行いました。
監査は、事前に現地法人で作成した自主チェックシートを入手・確認し、国内のマザー工場の環境担当者の支援のもとに行っています。KMRでは、初めて外部のコンサルタント(ロシア人)を加えて監査を実施した結果、環境法規制順守に対して細部に渡って確認ができ、また現地の人の視点を交えた監査を行うことができました。
今後も、監査のフォローアップを行うとともに、他地域の現地法人においても環境監査を行っていきます。

過去の環境監査

年度 地域 年度 地域

2007年

中国

2013年

アメリカ

2008年

2014年

アメリカ・ブラジル

2009年

タイ・インドネシア

2015年

タイ

2010年

インド

2016年

インド・インドネシア

2011年

ブラジル

2017年

ロシア・中国

2012年

ロシア・チェコ

販売会社・レンタル会社の環境活動支援

コマツは、販売会社とレンタル会社の活動においても、安全と環境改善活動を継続して推進しています。2017年度は、環境マネジメントの意識を強化する活動と現場を中心とした改善の支援活動を実施しました。

ISO14001認証取得

販売会社などにおいても環境マネジメントの意識を強くするため、2017年度コマツ建機販売とコマツレンタルにおいて、計画通り環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を取得する活動を実施し、2018年5月に認証取得しました。2018年度は販売会社3社の統合に伴い、コマツカスタマーサポート(株)としてリフト事業部門を追加する活動を進め、全販売会社で統一した環境改善の取り組みができるようにします。

販売会社版環境ガイドラインに基づく活動

販売会社やレンタル会社の現場において、環境面に深く関係する廃棄物処理・排水処理・騒音振動などの管理で順守すべき事項や基準をまとめた「環境ガイドライン」を2016年度、全拠点に配付しました。2017年度は法令改正を含め更新情報を発信し、現場においてこの環境ガイドラインが着実に順守され実行されるように、コマツと各社の担当者が共同で各拠点を直接訪問して、現場指導・改善提案を実施しています。

廃棄物の適正排出

販売・レンタル会社の新入社員向け環境教育の様子

建機販売部門が既に導入している廃棄物管理システム(電子マニフェストの管理に加え、処理委託契約書、許可証などの一元管理が可能となり、管理工数も低減)をリフト・レンタル事業部門に導入し、2018年度中に導入を完了する予定です。

このような活動の結果、旧建機・リフト販売会社およびレンタル会社において、環境への意識改革が着実に浸透し、問題点の改善が進みました。