事業活動と環境との関わり

第三者保証チェック

コマツグループは、さまざまな部品や原材料を調達し、生産工程では材料、水、エネルギーや化学物質などの多くの地球資源を活用してお客さまに商品を提供しています。このような事業活動は各段階で環境負荷を生み出します。

コマツグループは、事業活動に関わる環境負荷を把握し、中長期目標を策定し、環境負荷の低減に取り組みながら、より付加価値の高い商品やサービスの提供を続けていきます。

海外を含むコマツグループの事業活動にともなう環境負荷(2016年度)

CO2排出量

使用した電力や重油など(インプットのエネルギー欄)に「CO2排出係数」(地球温暖化対策推進法に基づく、環境省の温室効果ガス排出量算定・報告マニュアル) を乗じて算出(国内電力排出係数は0.384kg/kWh)

SOx排出量

使用した重油と灯油、軽油、コークスに「比重」および「S含有率」を乗じて算出

NOx排出量

使用した重油と灯油、軽油、都市ガス、LPGに「NOx発生係数」(排ガス測定データから設定)を乗じて算出

PRTR対象物質排出量・移動量

「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(PRTR法)に基づき、使用した副資材などに「特定化学物質含有率」と「排出率・移動率」を乗じて算出

集計範囲

  1. コマツ国内8生産事業所
  2. コマツ国内グループ11生産事業所
  3. 物流のコマツ国内事業所
    ただし、粟津補給センタ、北海道補給センタ、九州補給センタを除く
  4. 国内販売・レンタル会社(コマツ建機販売、コマツレンタル、コマツリフト)を含む
  5. 工場内フォークリフト使用を含む

地域別の環境負荷指標

Scope1:事業者から直接的に排出するCO2

(発電機、ボイラなどの使用によるCO2排出)

Scope2:事業者から間接的に排出するCO2

エネルギー

水資源

CO2

廃棄物