法規制の遵守と汚染予防

第三者保証チェック

コマツは、国や自治体の法規制を遵守し、実測結果の定期的報告や保管等を確実に実施しています。
2016年度は、環境に関する法規制違反はありませんでした。
また、環境を汚染するような重大な事故は発生していません。

土壌・地下水汚染

土壌・地下水の調査に関するガイドラインを定め、売却あるいは閉鎖・撤去計画のある事業所については法令に基づいて調査を行い、汚染がある場合は自治体の確認のもと浄化対策を行うことにしています。
また、稼働中の事業所においては、過去に洗浄液などに使用した揮発性有機化合物(VOCs)による汚染の有無を確認するために自主的な調査を行い、浄化対策を進めています。
2005年から国内の事業所でVOCsに関する土壌・地下水の調査を行い、汚染が確認された場合は対策工事を実施してきました。浄化方法はできる限り短期間で浄化できる方法を採用しています。
2009年度には小山工場において浄化が完了しました。その他の事業所では浄化対策の効果を確認しながら作業を継続しています。
今後も、確実に浄化作業を推進していくとともに、敷地外へ基準を超えた地下水が流出していないことを確認するために、敷地境界での地下水のモニタリングを継続していきます。

主な土壌・地下水の浄化状況

事業所名 浄化方法 浄化状況
粟津工場

掘削除去、土壌ガス吸引
揚水曝気、バイオレメディエーション(※1)

浄化中

小松工場跡地

掘削除去、揚水曝気
バイオレメディエーション

浄化中

大阪工場

土壌ガス吸引、エアースパージング
揚水曝気、バイオレメディエーション

浄化中

湘南工場

掘削除去、揚水曝気

浄化中

栃木工場

掘削除去、バイオレメディエーション

浄化中

  1. バイオレメディエーションとは、微生物などを用いて有害物質で汚染された土壌などを有害物質を含まない元の状態に戻す処理のことです。
  • 郡山工場・技術イノベーションセンタ(平塚)・テクノセンタ(伊豆)・実用試験部(大分)は調査の結果、汚染はありませんでした。

PCB廃棄物の管理

変圧器や蛍光灯の安定器などのPCB廃棄物をPCB特別措置法や廃棄物処理法に基づき、適正に保管・処理しています。
コマツでは2008年度から日本環境安全事業(株)(JESCO)による処理が始まり、2016年度までに約90%のPCB入りの変圧器・安定器等を処理しています。
2017年度以降も、低濃度のPCB廃棄物も含めて計画的に処理を進めていく予定です。

高濃度PCB入り変圧器・安定器等の保有台数

会社名 事業所 変圧器等 安定器等
2016年度処理台数 処理待ちの台数 2016年度処理台数 処理待ちの台数
コマツ 本社

0

4

0

30

粟津工場

16

2

0

78

大阪工場

0

0

0

93

小山工場

34

3

0

2

湘南工場

2

0

0

3

栃木工場

5

0

0

0

実用試験部

0

0

4

0

建機マーケティング本部

0

0

0

131

コマツ小計

57

9

4

337

コマツNTC

0

2

0

76

コマツ建機販売

1

3

0

349

グループ小計

1

5

0

425

総合計

58

14

4

762

  • 旧小松工場分は粟津工場へ、旧真岡工場分は小山工場へ移管。