生産におけるCO2削減活動

第三者保証チェック

コマツは気候変動問題に対応するため、工場における開発や生産活動に使用する電力・燃料ガス・燃料油など全てのエネルギーを対象に、生産金額当たりのCO2排出量を指標として、国内及び海外で中長期目標を設定してCO2排出量原単位の低減を推進しています。
2010年にポスト京都議定書における気候変動問題に対応するため、2015年に1990年比40%削減という中期目標を設定しましたが、東日本大震災後の電力半減活動を契機に2000年度比54%削減という非常に高い目標を掲げ活動を展開し大きな成果をあげました。この結果、2017年2月にエネルギー管理優良事業者として「関東経済産業局長表彰」を授与されました。2016年度からは、国内外とも新たに中長期の目標を設定し、改善活動を推進しています。
2016年度は各種生産改革の水平展開により省エネルギー活動を推進した結果、国内は生産金額当たりのCO2排出量原単位が2000年度比41.0%低減しましたが、夏・冬の空調用電力とコンポーネントの試験用燃料の増加により前年度より悪化しました。また、自家発電に占める再生可能エネルギーの割合は、化石燃料による自家発電の削減により19.2%となり、前年度比1.4倍に増加しました。海外は燃料転換や国内工場の改善例の水平展開により、2010年度比28.7%低減しました。
2017年度は中期目標の達成を目指して、40年以上の老朽建屋を最新の省エネルギー技術を採用した建屋に更新することや現場での地道な改善によりCO2排出量原単位の低減を図ります。

国内CO2排出量

国内CO2排出量

海外CO2排出量

海外CO2排出量

自家発電における再生可能エネルギーの割合

自家発電における再生可能エネルギー

CDPにより「気候変動Aリスト」企業と認定

コマツは、2016年10月に、持続可能な経済を実現させる活動を行う国際NGOのCDPにより「気候変動Aリスト」企業と認定されました。「気候変動Aリスト」とは、その企業活動が気候変動対応と戦略において世界のリーダーであると評価された企業に与えられるものです。運用資産総額100兆米ドルに達する827の機関投資家を代表してCDPから送付された質問書への回答が、CDPが確立した独自のメソドロジーにより評価され、報告年における排出削減活動や気候変動緩和対策が特に優秀であるとされた193社の企業がAリストに認定されました。
コマツは、従来から「環境活動を経営の最優先課題の一つ」として位置付けており、2016年4月からスタートした中期経営計画「Together We Innovate GEMBA Worldwide -Growth Toward Our 100th Anniversary (2021) and Beyond-」でもESG(E:環境、S:社会、G:ガバナンス)への取り組みを重点分野として積極的な活動を展開しています。

環境管理体制