Tier4 Final対応機種続々リリース

第三者保証チェック

コマツでは、2016年度も油圧ショベル、ブルドーザー、ダンプトラック、ホイールローダーなどにNOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)の排出量を大幅に低減し、日本(オフロード法2014:特定特殊自動車排出ガス2014年基準)・北米(EPA Tier4 Final)・欧州(EU StageⅣ)の排出ガス規制をクリアした機種を次々とリリースしました。これらの機種には新たに開発した新世代エンジンを搭載し、クリーンで低燃費、耐久性、信頼性に優れた建設機械を提供しています。
以下に、その代表例を示します。

中型油圧ショベル「PC220(LC)-11/PC230(LC)-11」

PC220-11
PC220-11

コマツは「品質と信頼性」をベースに、環境・安全・ICTを追求し、オフロード法2014基準に適合した「PC220(LC)-11/PC230(LC)-11」をリリースしました。これらの機種は窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の排出量を大幅に低減し、オフロード法2014基準をクリアした新世代エンジンを搭載しています。加えて、機体のメインユニットを最適に制御するトータルビークルコントロール(機体総合制御)のさらなる進化とオートアイドルストップ機能の採用により、生産性と燃費性能の両方で高いレベルを達成し、燃料消費量を当社従来機種(PC220(LC)-10/PC230(LC)-10)にくらべ、約5%低減しました。(当社テスト基準による)

主な仕様

項目 PC220-11 PC220LC-11 PC230-11 PC230LC-11
機械質量(kg)

23,100

24,600

23,900

24,900

エンジン定格出力 ネット(kW/min-1

132/2000

132/2000

132/2000

132/2000

ブルドーザー「D155AX-8」

D155AX-8
D155AX-8

当機は、オフロード法2014基準をクリアした新世代エンジンを搭載し、加えて、これまで実績のあるドージング作業効率を向上させた掘削ブレード「シグマドーザ」を標準搭載しました。さらに、高い動力伝達効率を誇るロックアップ機能付き自動変速パワーラインを今回も採用することにより、生産性と燃費性能で高いレベルを達成し、燃料消費量を低減しました。

主な仕様

項目 D155AX-8
機械質量(kg)

42,800

エンジン定格出力 ネット(kW/min-1

264/1900

ホイールローダー 「WA380-8」

WA380-8
WA380-8

当機は、オフロード法2014基準をクリアした新世代エンジンを搭載し、加えて、パワートレイン「ワイドレンジロックアップ付き大容量トルクコンバータ」の採用や、エンジン・パワートレイン・油圧システムをトータルに最適コントロールする先進の制御システム「コマツスマートローダロジック」により、燃料消費量を当社従来機(WA380-7)に比べ約3%低減しました。(当社テスト基準による)

主な仕様

項目 WA380-8
機械質量(kg)

18,200

エンジン定格出力 ネット(kW/min-1

143/2100

アーティキュレートダンプトラック 「HM300-5」

HM300-5
HM300-5

当機は、オフロード法2014基準をクリアした新世代エンジンを搭載し、加えてオートアイドルストップなどの燃費低減技術により、燃料消費量を当社従来機(HM300-3)に比べ約2.5%低減しました。(当社テスト基準による)

主な仕様

項目 HM300-5
最大積載質量(t)

28.0

エンジン定格出力 ネット(kW/min-1

242/2000

自走式破砕機 「ガラパゴス BR380JG-3」

BR380JG-3
BR380JG-3

コマツの自走式破砕機「ガラパゴス」シリーズの主力機種である30トンクラス「BR380JG」は、高効率破砕を実現する抜群の作業性能や優れた機動性などで高い評価を得ており、土木・解体工事現場、砕石現場や製鉄所などで活躍しています。
当機は、オフロード法2014年基準をクリアした新世代エンジンを新たに搭載し、加えて、機体のメインユニットを稼働状況に合わせて最適に制御するトータルビークルコントロールの更なる進化により、燃料消費量を当社従来機(BR380JG-1E0)に比べ約13%低減しました。(当社テスト基準による)

主な仕様

項目 BR380JG-3
機械質量(kg)

34,800

エンジン定格出力 ネット(kW/min-1

147/2050