コンプライアンス

コンプライアンスの推進

コマツは、品質と信頼性を追求し、企業価値を最大化させることを経営の基本としています。「企業価値」とは、我々を取り巻く社会と全てのステークホルダーからの信頼度の総和であると考えています。

この信頼度の総和を高めるためには、業績の向上だけでなく、コーポレート・ガバナンス(「コマツレポート」に詳細を掲載)、コンプライアンス、リスク管理を通じ、経営の健全性と透明性を高めることが重要です。

コンプライアンス推進体制

ビジネス社会のルールの遵守をグループ全体に徹底するため、コマツ本社に担当役員を任命し、専門部署として「コンプライアンス室」を設けています。また、社長を委員長とする「コンプライアンス委員会」においてグループの活動方針、重要事項などを審議するとともに、コンプライアンス活動の推進状況を定期的に取締役会に報告しています。

「コマツの行動基準」

国内外のグループ各社の役員および社員が守るべきビジネス社会のルールとして、「コマツの行動基準」(1998年制定、以後8回改訂)を定めています。この行動基準には、自由で公正な取引、人権の尊重、地球環境への取組み、情報の取扱い、内部統制システムの確立などについても明記しており、全文を社外に公開しています。

コマツは、その社会的責任(CSR)を果たすことを重要な固有の責務と捉えており、「コマツの行動基準」もCSRを重視する姿勢を明確にしています。また、コマツのコンプライアンス活動は、行動基準を土台として、(1)行動基準の設定、(2)行動基準の展開、(3)実態の把握と、(4)不備の是正のサイクルを不断に回すことを活動の柱としています。

コマツの行動基準はこちらからご覧になれます。

コンプライアンス活動の展開

  1. 行動基準を設定する
    コンプライアンス活動の基本としての「コマツの行動基準」を作成し、適宜改訂を行うこと(現在第9版)により常に社会の動きを反映させる。
  2. 行動基準を展開する
    「コマツの行動基準」をベースとして、階層別・分野別の教育や各種の情報発信等を通じ、行動基準をさらに具体化して展開する。
  3. 実態の把握
    各部門からの定期報告の義務化、各種監査の実施、内部通報制度の充実等により、「コマツの行動基準」の浸透度合いを把握する。
  4. 不備の是正
    上記活動を通じて問題が把握された場合、「コマツの行動基準」に沿って是正を行い、再発防止を図る。

ルール遵守の周知徹底

ルールの遵守を常に認識させるため、コンプライアンス上の基本動作を凝縮した「コンプライアンス5原則」のポスターをコマツグループの各事業所に掲示し、社員の意識浸透を図っています。さらに社員の階層や業務の種類に応じたコンプライアンス研修を拡充するとともに、イントラネット上に「コンプライアンスホームページ」を常設し、幅広い啓発に努めています。またコマツの事業所およびグループ各社に対しては、財務監査だけでなく、「コンプライアンス・リスク監査」として、安全、環境をはじめとした重要分野にわたるモニタリングを実施し、リスクの早期発見と改善に努めています。

内部通報制度

ビジネスルールに関するグループの社員からの相談・通報に対応するため、社内および社外(法律事務所)に通報窓口として「コンプライアンス・ホットライン」を設置し、問題の早期発見・是正に努めています。この制度により正当な通報を行った社員は、通報を理由にいかなる不利益も受けないことを「コマツの行動基準」・「コンプライアンス5原則」や各社の就業規則に明記し、相談・通報の活性化を図っています。

2016年度の状況

2016年度中に特記すべき事項はありません。

DATA

1. 内部通報の件数

  2014年度 2015年度 2016年度
通報件数(うち重大な案件の数)

52(0)

68(0)

95(0)

2. 「コマツの行動基準」について

制定日

1998年1月1日

最終改訂日

2014年4月1日 (第9版)

対応言語

15言語

日本語、英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、オランダ語、イタリア語、スウェーデン語、 インドネシア語、タイ語、ロシア語、トルコ語、ペルシア語、タミル語

配布先

国内外のグループ社員 (29,000名以上)
ホームページで日本語および英語版を公開

3. 2016年度コンプライアンスに関する教育の実施状況

集合教育

約1,700名

e-ラーニング

約17,000名