2014年2014年3月期決算短信(米国基準)

2014年04月25日

 コマツは、本日2014年3月期決算および2015年3月期の見通しについて公表しました。概要は以下のとおりです。


1.2014年3月期〔米国基準〕(連結)の概要

 連結売上高は前期比3.6%増収の1兆9,536億円。営業利益は前年比13.7%増益の2,404億円、売上高営業利益率は同1.1ポイント増の12.3%となりました。
 建設機械・車両部門では、鉱山機械の需要が低調に推移したものの、日本および中国などにおいて一般建設機械の需要が増加しました。加えて、為替が円安に推移し、前期比増収増益となりました。
 産業機械他部門では自動車業界向けを中心に板金・鍛圧機械の販売は底堅く推移しましたが、ワイヤーソーの販売が更に落ち込みました。ワイヤーソーの在庫に係る損失を計上し、前期比減収減益となりました。


2.2015年3月期〔米国基準〕(連結)の見通し

 建設機械・車両部門では、北米はじめ一部の地域で需要は堅調に推移しているものの、日本でのレンタル需要が一巡したことと、資源価格の低迷による投資マインドの冷え込みからくる鉱山機械需要の減少のため、総じて当期より厳しい市場環境になることが見込まれます。一方、産業機械他部門では、ワイヤーソーの需要は引き続き低迷するものの、自動車業界向けを中心に板金・鍛圧機械および工作機械の販売は堅調に推移することが見込まれます。コマツグループでは、お客様の総合的なメリットを訴求するビジネスモデルの強化に一層注力し、新車販売だけではなくアフターマーケット事業、レンタル・中古車の循環事業およびリテールファイナンス事業も含めたバリューチェーン全体での販売拡大に努めるとともに、販売価格および製造原価の改善などに継続的に取り組みます。2015年3月期の連結業績は、下記のとおりとなる見通しです。



3.配当金

 期末配当金は、1株当たり29円とする予定です。これにより年間配当金は中間配当29円とあわせて1株当たり58円の予定です。(期末配当金は6/18開催予定の第145回定時株主総会に付議予定。)
 なお、2015年3月期の年間配当金は2014年3月期と同額の1株当たり58円の予定です。



  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。