2014年2014年からの日・米・欧の次期排出ガス規制に対応した最新エンジンの量産開始

2014年01月07日

 コマツ(社長:大橋徹二)は、日・米・欧で2014年から施行される次期排出ガス規制に対応したエンジン技術を新たに開発し、新型エンジンの量産を1月より開始します。
 2004年に公表された建設機械用ディーゼルエンジン排出ガス規制は、NOx(窒素酸化物)、PM(粒子状物質)の排出量を従来規制比(*1)で10分の1以下に低減させる厳しいもので、2011年および2014年の2段階に分けて施行が定められています。2011年から施行されている排出ガス規制は、従来規制比でPMを10分の1以下に低減するもので、コマツでは規制に対応するための技術として、次世代コモンレール式燃料噴射システム(HPCR)、高効率冷却排出ガス再循環システム(EGR)、可変ターボシステム(VGT)およびディーゼルパティキュレートフィルタ(DPF)を採用、市場で実績を積み上げ、評価されてきました。2014年に施行される新たな規制は、NOxの排出量を従来規制比で10分の1以下にまで抑える必要があるため、上記対応技術の改良に加え、新たにNOx低減後処理装置(SCR)を自社開発しました。


 コマツは、従来より小型建設機械用の排気量3.3リットルクラスから大型鉱山機械用の排気量46リットルクラスまで、建設機械用ディーゼルエンジンの研究開発から製造までを一貫して実施してきました(*2)。
 今回開発の新エンジンを搭載するコマツ建設・鉱山機械においても、エンジンのみならず油圧機器、制御システムなどの主要コンポーネントを自社開発・自社生産している強みを活かし、環境負荷の低減と経済性の両立を実現していきます。


*1 2006-2010年の建設機械用ディーゼルエンジン(130-560kW)に適用される規制
*2 一部カミンズ社との協業製品含む


[日・米・欧の次期排出ガス規制に対応した新型エンジン]


*写真はCGにより作成したものです。


[新型エンジンに適用している技術について]



1.建設機械用排出ガス後処理システム (Heavy Duty Aftertreatment System)




2.建設機械用冷却排出ガス再循環システム (Heavy Duty Cooled EGR System)

EGR=Exhaust Gas Recirculation



3.電子制御システム (Electronic Control System)

 車体とエンジン各所に配されたセンサーからの信号を高速処理して、さまざまな稼働状況に合わせて車両をトータル制御します。コマツ建設機械のパワフルでスピーディな操作性はそのままに、NOxやPMの大幅低減に加え、燃料消費量や騒音の改善に効果をもたらします。
 また、エンジンの状態は車載ネットワークを通じて車両ディスプレーに表示され、お客様に必要な情報を提供します。さらに、これらの情報はKOMTRAXを通じて管理することにより、適切なメンテナンスの実現に役立ちます。


4.建設機械用可変ターボシステム(Variable Geometry Turbo System)




5.建設機械用コモンレール式最適燃料噴射システム(Heavy Duty HPCR System)

HPCR=High Pressure Common Rail fuel injection



  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。