2016年<米ラスベガスMINExpo INTERNATIONAL 2016に実機展示>コマツ、全く新しいコンセプトのキャブレス無人ダンプ車両を開発

2016年09月26日

 コマツ(社長:大橋徹二)は、これまでにない全く新しいコンセプトの無人専用運搬車両「Innovative Autonomous Haulage Vehicle」を米国ラスベガスで9月26~28日に開催される鉱山機械見本市「MINExpo INTERNATIONAL® 2016」)において実機展示します。
 本機は、有人車両をベースにしたこれまでのダンプトラック(930E/830E-AT)と異なり、鉱山現場における無人稼働のメリットを最大限に発揮できるよう、無人専用の車両として新規に開発中のもので、将来の市場導入を目指しています。運転室(キャブ)をなくし、空車でも積車でも4輪等荷重配分とし、4輪駆動・4輪リターダ・4輪操舵を採用することで、前後方向を選ばない走破性の高いシャトル走行が可能になり、積込場や排土場での切り返し動作が一切不要になります。特に、多雨・多雪などの滑りやすい現場や積込場の狭さなどの制約から既存の無人ダンプトラックでは稼働しづらい現場にも導入することができ、大幅な生産性の向上が見込まれます。
 コマツは2008年に世界で初めて無人ダンプトラック運行システム(AHS)を実用化し、これまでにチリやオーストラリアなどの大規模鉱山で累計10億トン以上の運搬実績を積んでいます。これからも鉱山機械の稼働最適化、遠隔操作、無人化を積極的に進めることで鉱山現場の安全と生産性の大幅な向上に貢献し、お客様にとってなくてはならない存在になることを目指します。


[米ラスベガスMINExpo INTERNATIONAL® 2016に展示のInnovative Autonomous Haulage Vehicle]


商品仕様

   

[展示車仕様]

総重量

tonne

416

最大積載量

tonne

230

定格出力

kW[HP]

2014 [2700]

最高速度

Km/h

64

最小回転半径

m

15.9

全長

m

15

全幅

m

8.5

タイヤサイズ

-

59/80R63


[関連動画]

Innovative Autonomous Haulage Vehicleの稼働イメージ(動画)は、下記URLよりご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=SNelRmmPpls&feature=youtu.be


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。