2017年コマツとオリックス・レンテックがドローン事業で提携 「測量会社向け3次元測量業務支援サービス」提供開始

2017年08月25日



 コマツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大橋 徹二)と、オリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、取締役社長:井尻 康之、以下「オリックス・レンテック」)は、このたびドローン事業で提携し、「3次元測量業務支援サービス」を開始しますのでお知らせします。

 国内の建設業界では、高齢化などにより深刻な労働力不足が課題となっています。国土交通省では、建設現場における生産性向上を目標に、調査・測量から設計、施工、検査、維持管理・更新までのすべてのプロセスにおいてICT技術を活用する「i-Construction」を推進しています。ドローンなどで測量した3次元データを利活用し、建設生産プロセス全体を効率化することで、建設業界の生産性向上や労働力不足解消が期待されています。

 コマツは、建設現場のあらゆる情報をICTでつなぎ、安全で生産性の高い「未来の現場」を実現するソリューション事業「スマートコンストラクション」を提供しています。また、オリックス・レンテックは、計測器のレンタルサービスで培ってきた資産管理ノウハウを生かし、「ドローンの機体販売・レンタルサービス」を手掛けています。

 今回の「3次元測量業務支援サービス」は、ドローンなどの測量機器のレンタルサービスと、取得した計測データの利活用に必要なソフトウエア機能一式をコマツがお客さまにご提供するパッケージサービスです。 オリックス・レンテックは、計測に必要なドローンやGNSSローバー*1などの測量機器を今月よりコマツに提供します。コマツは、計測データの点群自動作成処理などの3次元データを作成する、3次元測量業務支援アプリ「UNISURVEY(ユニサーベイ)」*2と測量機器をセットにして、10月よりお客さまへ提供します。

 本サービスの提供により、測量会社のドローン導入に伴うイニシャルコスト軽減や時間・労力・システム投資の負担軽減、ソフトウエアの陳腐化リスク低減を図り、3次元測量業務を支援します。なお、「UNISURVEY」は、コマツが共同事業者と共に10月より提供開始予定の、建設生産プロセス全体をつなぐ建設事業者向けの新プラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」*3上で運用される第1号アプリケーションとなる予定です。

 両社は今後も、ドローンの測量への利活用を促進することで、建設現場が抱える課題解決の一助となり、安全で生産性の高い建設現場の実現に貢献することを目指していきます。

*1 GNSSローバー:全地球衛星測位システムを搭載した受信機。
*2 UNISURVEY:3次元測量に必要な点群自動作成処理やクラウドストレージ・ビューアーなどを提供するアプリ。コマツが開発、本年10月より提供開始予定。
*3 LANDLOG:建設生産プロセス全体において、データの収集と一元管理を行うオープンプラットフォーム。コマツ、株式会社NTTドコモ、SAPジャパン株式会社、株式会社オプティムの4社共同で企画・運用。本年10月より提供開始予定。



  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。