2017年防衛省開発事業 装輪装甲車(改)に関するお知らせ

2017年12月26日

 当社が2015年2月に防衛装備庁から試作研究として受託した装輪装甲車(改)については、2017年1月に納入致しましたが、その後の射撃試験の結果、防弾板に不具合が判明し、その改修のため、同装備品の開発完了時期が3年遅れることになりましたのでお知らせ致します。
 今後挽回に向け開発体制を再構築して、本受託事業を完遂してまいります。


1.装輪装甲車(改)の概要
 現有96式装輪装甲車の後継として防衛省が平成30年度に完了をめざし開発事業を推進しているもの。国際平和協力活動、島嶼部侵攻対処等に伴う各種脅威に対応するため、防護力等の向上が求められている。当社は装輪式の各種装甲車を長年生産してきており、そのノウハウを生かし、試作研究として2015年2月に受託し、試作品を製作し2017年1月に納入した。

2.不具合の概要
 使用した防弾板の耐弾性能にばらつきが多く、板厚の不足も含め、耐弾性能を安定的に確保できないおそれが生じた。

3.今後の対策について
 今後プロジェクト体制を再構築することで要求品質を確実に実現し、国防に寄与できるよう努めます。

4.業績への影響について
 不具合対応のため、弊社の負担で実行しますが、当社全体の業績に与える影響は軽微です。
  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。