2017年<国土交通省「i-Construction」、オフロード法2014年基準適合> ICT油圧ショベル「PC78USi-10」を新発売

2017年11月14日

コマツ(社長:大橋徹二)は、最新技術を随所に織り込み、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律」(※1)2014年基準に適合したICT油圧ショベル「PC78USi-10」を、スマートコンストラクションサポート契約とともに発売しました。

当該機は、コマツがこれまで他のクラスのICT油圧ショベルで蓄積してきたノウハウと技術を活かした系列拡大商品であり、業界初となる7トンクラスの後方超小旋回ICT油圧ショベルです。

GNSS(全地球衛星測位システム)アンテナと補正情報を用いて算出したバケット刃先の位置情報と、3次元の施工設計データをもとに、作業機(ブーム、アーム、バケット)操作をセミオート化するマシンコントロール技術「インテリジェントマシンコントロール」を実現し、自動停止制御、自動整地アシスト機能などを搭載しています。

また、日本のみちびき(QZSS)を含むマルチGNSSに対応することで衛星受信性能を向上させ、後方超小旋回とも相まって小規模な現場でも扱い易い機体となっています。

キャブ内には視認性を向上させた情報化施工専用の12インチ大型モニタを搭載し、スムーズに操作を行うことができます。また、車両前方の地形を3次元データ化できるステレオカメラ(KomEye)は、目の前の地形を高速・高精度に計測します。ICT建機以外の従来型の建機が施工した地形や、人の手による施工後の地形を撮影することにより、スマートコンストラクションアプリで最新の地形データへ反映させることができ、効率的な施工進捗の管理を可能とします。



【写真は新発売の「PC78USi-10」】*一部オプションが含まれています。


スマートコンストラクションサポート契約には、施工現場を3Dデータで管理できるスマートコンストラクションアプリ基本利用サービス、スマートコンストラクションサポートセンタでスマートコンストラクションに関する問合せを専門のオペレーターが対応するスマートコンストラクションサポート利用サービス、ICT建機の施工に必要な補正情報を取得するGNSS補正情報配信利用サービス、ICT建機とスマートコンストラクションアプリを携帯電話通信網で接続するICT建機通信サービスがあります。本サービスにより、お客様は「i-Construction」(※2)に対応した施工管理が可能となり、ICT施工で必要な初期設定や手続きが不要となり、遠隔サポートにより安心してICT建機をお使い頂けます。さらに、お客さまのご要望に応じて、起工・完工時のドローンによる高精度測量、ICT建機での施工に必要な3次元設計データ作成、稼働に必要なローカライゼーションなども別メニューで提供します。

 

※1. 通称、オフロード法という

※2. 国土交通省が推進する、「ICTの全面的な活用(ICT土工)」などの施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取組み。



【サービスプログラム『KOMATSU CARE(コマツ・ケア)』】

 特定特殊自動車排出ガス2014年基準適合車のための新車保証プログラムです。無償プログラムと有償プログラムで構成しており、無償プログラムは、従来の保証(1年間)に加え、次の項目を追加しています。

  パワーラインの3年間または5,000時間のいずれか早い方までの保証延長

  エンジンオイル・エンジンオイルフィルタ、燃料プレフィルタについて500時間毎、2,000時間まで(4回)の無償交換

 

■【スマートコンストラクションサポートサービス】

  スマートコンストラクションアプリ基本利用サービス

  ICT建機通信サービス

  GNSS補正情報配信利用サービス(VRS)

  スマートコンストラクションサポート利用サービス

 

■【スマートコンストラクション各種サービス(オプション)】

 ドローン測量:起工測量、完工測量

 3次元データ作成: ICT建機の刃先を制御するためのデータ

 ローカライゼーション:現場座標とGNSS測位座標を紐づけるGNSS測量作業


 

【主な仕様】



【発売月】    2017年10月

【公表価格】*工場裸渡し消費税抜き

              2,580万円


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。