2018年剰余金の配当に関するお知らせ

2018年04月26日

 当社は、2018年4月26日開催の取締役会において、以下のとおり、2018年3月31日を基準日とする剰余金の配当を行うことを、第149回定時株主総会に提案することといたしましたのでお知らせいたします。


1.配当の内容




2.理由
 当社は、企業価値の増大を目指し、健全な財務体質と柔軟で敏捷な企業体質作りに努めています。配当金につきましては、連結業績を反映した利益還元を実施し、引き続き安定的な配当の継続に努めていく方針です。具体的には、連結配当性向を40%以上とし、連結配当性向が60%を超えないかぎり、減配はしない方針です。
 このような基本方針のもと、当期末の配当金につきましては、当期末までの業績ならびに今後の事業展開を勘案し、昨年10月27日に公表した前回予想から12円増額し、1株につき48円といたします。これにより、当期の年間配当金は、1株当たり84円となり、前期(2017年3月期)実績から26円増配となります。当該剰余金の配当は、第149回定時株主総会(本年6月19日開催予定)に提案する予定です。


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。