2018年2018年世界柔道選手権にコマツから芳田司選手、田代未来選手、大野陽子選手の3名が代表に決定

2018年04月09日

 平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会終了後にアゼルバイジャン・バグーで開催される世界選手権大会の日本代表選手選考会が行われ、コマツから57kg級の芳田司選手、63kg級の田代未来選手、70kg級の大野陽子選手の3名が選出されました。
 なお、78㎏超級と残り2人の代表選手は、4月22日(日) に開催される皇后盃全日本女子柔道選手権大会後に選出される予定です。


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。