2018年コマツ女子柔道部 今井優貴選手 現役引退に関するお知らせ

2018年10月05日

 コマツ女子柔道部で活躍してきた今井優貴(旧姓:橋本)選手が、このほど競技生活から引退することとなりました。


 今井選手は2012年4月にコマツに入社。2012年・2013年・2014年のグランドスラム東京大会52㎏級において3連覇、2013年リオ世界柔道選手権大会では銅メダルを獲得するなど、これまで数多くの国際大会で輝かしい成績を収めてきました。

 今井選手に対しまして、これまで多くのファンの皆様から温かいご声援やご支援をいただき、誠にありがとうございました。

 


<今井選手のコメント>

 小学生の頃、人が人を投げる姿をテレビで観て、楽しそうと思って始めた柔道。大学生まで全国大会で優勝することすらできずにいた私が、世界選手権に出場することができたのは、コマツの柔道部をはじめとするたくさんの先生方のご指導のおかげと思っています。

本当に多くの方々に支えてもらい、たくさんの応援で背中を押していただいたからこそ、ここまで柔道に打ち込むことができたと感謝しています。22年間、大好きな柔道を続けられたことは私の一生の宝物です。

今後は、立場を変えて柔道に携わっていきたいと思います。

皆様、本当にありがとうございました。


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。