2018年カナダにおける林業機械用アタッチメント事業の買収について

2018年01月30日

 コマツ(社長:大橋徹二)は、米国の100%子会社を通じて、カナダPrenbec Equipment Inc.(本社:カナダケベック州、CEO:Charles MacLennan、以下「プレンベック社」)およびそのグループ会社が保有する林業機械用アタッチメント事業(QuadcoブランドおよびSouthstarブランド、ただしTanguayブランドの林業機械事業とForestproブランドのデリンマー事業を除く。)を買収(以下「本買収」)する契約をこのたび締結しました。今後、クロージング条件の充足を条件として、2018年2月中を目処に本買収を完了する予定です。
 当社は、本買収により、フェリングヘッドを扱うQuadcoブランド、 大型ハーベスタヘッドを扱うSouthstarブランド、そして当社が100%子会社のコマツフォレストABを通じて2012年に買収した中小型ハーベスタヘッドを扱うLogMaxブランドの3ブランドを保有することとなり、林業機械アタッチメントの総合メーカーとなります。Quadco、Southstarの2つのブランドは、本買収完了後も独立したグループ企業として引き続きそのオペレーションを継続します。
 また、林業機械の製造・販売を担う100%子会社のコマツフォレストAB内に上記3ブランドを扱うアタッチメント事業部を創設し、お客様の価値創造に貢献していきます。
 なお、本件による2018年3月期の当社連結業績への影響は軽微です。

1. 本買収の背景・目的
 コマツは、3カ年の中期経営計画「Together We Innovate GEMBA Worldwide -Growth Toward Our 100th Anniversary (2021) and Beyond-」を2016年4月よりスタートしています。この中期経営計画における成長戦略の実現に向け、林業機械事業の拡充を図るため、本買収を決定しました。

 林業機械事業はCTL工法(Cut to Length工法)とFTL工法(Full Tree Length工法)の2つの工法に分かれています。CTL工法は、先端アタッチメント(ハーベスタヘッド)で伐倒、枝払い、玉切り(所定の長さに切り揃え)、皮剥きを一本ずつ行い、フォワーダー(運搬車)で公道脇まで搬送する工法で、主に欧州で導入されています。一方、FTL工法は先端アタッチメント(フェリングヘッド)で伐採した木を枝、樹皮はそのままで、複数抱えながらスキッダ(運搬車)で搬出する工法で、主に北米で導入されています。

 世界の林業機械市場は拡大を続けており、林業機械アタッチメントも同様に高い成長が続いております。その中でもFTL工法による伐採形態が一般的な北米市場で高い成長が期待できます。

2. 本買収の方法
 コマツの米国100%子会社を通じて、プレンベック社およびそのグループ会社が保有する林業機械用アタッチメント事業(QuadcoブランドおよびSouthstarブランド)についての事業資産を買収します。

  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。