2018年コマツ「CEATEC JAPAN 2018」に出展 未来の現場の実現に向けた新しい挑戦を紹介

2018年08月03日

 コマツ(社長:大橋徹二)は、本年10月16日から19日までの4日間、千葉県・幕張メッセで開催されるCPS/IoT展示会「CEATEC JAPAN 2018」に出展します。
 コマツが初出展する「CEATEC JAPAN」は、毎年開催されるアジア最大級の規模を誇る国際展示会です。以前は家電見本市として知られていましたが、2016年にコンセプトを一新し、あらゆる産業・業種による「共創」をテーマに据え、社会を支える技術から、それらを活用するサービスまでが集結するCPS/IoTの総合展示会となりました。昨年は国内外合わせて650以上の企業・団体が出展し、15万人を超える来場者が訪れています。
 コマツは2015年より建設現場に携わる人・モノ(機械、土など)に関するさまざまな情報をICTでつなぎ、建設現場の安全・生産性を向上させるソリューション事業「スマートコンストラクション」を推進しています。「CEATEC JAPAN 2018」では、コマツのスマートコンストラクションの最新の取組みを中心に、「もっと安全で、もっと生産性の高い、もっとスマートな未来の現場」の実現に向けた新しい挑戦をご紹介します。

※Cyber-Physical Systemの略


「CEATEC JAPAN 2018」公式サイト
 http://www.ceatec.com/ja/

  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。