2018年コマツカスタマーサポート(株)「国際物流総合展2018」に出展

2018年08月21日

 コマツ(社長:大橋徹二)100%子会社であるコマツカスタマーサポート株式会社(社長:三浦和明)は、本年911日から14日までの4日間、東京ビッグサイトにて開催される最新の物流機器等に関する総合見本市「国際物流総合展2018」に出展します。

 「国際物流総合展」は、経済活動のインフラとして不可欠な物流・ロジスティクスの先進情報が収集できるアジア最大級の専門展示会です。1994年の初回以降隔年で開催され、通算で13回目を迎えます。今回は「ロジスティクスの今を知り未来に触れる」をメインテーマに、国内外の最新物流機器・システム・サービス等のソフトウェアとハードウェアを一堂に結集し、交易振興・技術の向上・情報の提供・人的交流等を目的としています。

 コマツカスタマーサポート株式会社は、本年4月に建設機械の販売・サービスを手がけるコマツ建機販売株式会社、同じくレンタルを行うコマツレンタル株式会社、およびフォークリフトの販売・サービス・レンタルを手がけるコマツリフト株式会社の3社の統合により新たな体制でスタートした新会社です。「国際物流総合展2018」では、コマツ独自の技術を採用したバッテリーフォークリフト「FEシリーズ」、油圧駆動式エンジンフォークリフト「FHシリーズ」など、統合によるシナジーを活かした商品ラインナップを、実機展示およびデモンストレーションにてご紹介します。



「国際物流総合展2018」公式サイト

 http://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/index.html


 




【写真は展示予定のバッテリーフォークリフト「FE25H-1()、油圧駆動式エンジンフォークリフト「FH160-1(右)】

  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。