2018年コマツマイニング本社工場移転

2018年09月28日

 コマツ(社長:大橋徹二)の100%子会社であるコマツマイニング株式会社(以下KMC、社長:Jeffrey Dawes)はこのたび、米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにある本社工場を同市内において移転し、最先端の機能を備えた本社工場に刷新します。

 現在のKMC本社工場は沿岸より5キロほど内陸に位置しており、周辺を商業・娯楽施設で囲まれていますが、より生産に適した沿岸部に移転し、周辺に点在していたオフィスや工場を集約することで効率化、生産性向上を図ります。今後、KMCは州政府ならびにミルウォーキー市と連携しながら順次移転を進め、約3億ドルを投資し、新本社工場をP&Hブランドのロープショベルやブラストホールドリルなどを生産する最先端の拠点とする予定です。

 新本社工場には、本社ビル、最新型の熱処理設備や機械加工設備を備えた生産工場、最新鋭の技術を織り込んだ研究開発棟、専用オフィスやデータソリューションセンタ、教育施設、会議室、展示スペースなども含まれます。また、ミルウォーキー市と提携し、公共の河岸遊歩道も設置します。
 さらに、ソーラーパネルや遠隔操作による閉ループ式の熱処理システム、緑地、LEDの活用など、最新の省エネ技術を織り込み、現行比でエネルギー消費量を75%、水の消費量を80%削減するとともに、ほぼゼロエミッションを達成する見込みです。2022年にすべての移管が完了予定です。

 コマツは、生産性が高く環境負荷の低い新KMC本社工場により、より付加価値の高い商品やサービス、そして革新的なソリューションを鉱山のお客様に提供していくとともに、地域への貢献を深めていきます。
  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。