2018年コマツ「CEATEC JAPAN 2018」に出展 「未来の現場」の実現に向けて数々の新技術を展示

2018年10月16日

 コマツ(社長:大橋徹二)は、1016日から19日までの4日間、千葉県・幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」に初出展し、「もっと安全で、もっと生産性の高い、もっとスマートな未来の現場」をテーマに、コマツの「スマートコンストラクション」の新しい挑戦をご紹介します。

コマツは、建設現場に携わる人・モノ(機械、土など)に関するさまざまな情報をICTでつなぎ、建設現場の安全・生産性を向上させるソリューション事業「スマートコンストラクション」を2015年より開始し、これまでに6,000を超える現場に導入しています。


◆主な出展内容◆


1.自律稼働ならびに遠隔操縦による建機のデモンストレーション ~コマツが実現する未来の無人建設現場~

 会場内のコマツブースと千葉市美浜区にある「コマツIoTセンタ東京」をつなぎ、現在実証実験中の自律化された建機による作業の様子や、5G(第5世代移動通信方式)を使った建機の遠隔操縦のデモンストレーションをご覧いただけます。

 IoTセンタからの中継では、無人で動く油圧ショベルが、AIを用いた画像分析やセンサーによる地形計測を行いながら掘削・旋回・積込を行うとともに、土砂を積み込んだ無人運転のクローラダンプが、カメラなどによる障害物検知を行いながら指定された場所へ運搬・排土するといった、完全に自律化された協調作業の様子をご紹介する予定です。なお、自律運転油圧ショベルと自律運転クローラダンプについては、ブース内に実機を展示します。



 また、高速・大容量・低遅延の特徴を持つ5Gのモバイルネットワークを利用した、建機の遠隔操縦のデモンストレーションを行います。オペレーターはブース内に設置された専用コックピットに座り、IoTセンタにあるブルドーザーからリアルタイムで送信される複数台のカメラ映像を見ながら、遠隔操縦で土砂を均します。

 なお、本遠隔操縦技術には、株式会社ソリトンシステムズが保有する可変圧縮、超短遅延映像伝送技術を用いることで、高精細かつ安定的な映像伝送を実現し、違和感のない遠隔操縦を可能にしています。また、沖電気工業株式会社が開発する車両周辺の俯瞰映像モニタリングを可能とするシステム「フライングビュー」を適用し、遠隔でもほぼ死角がない自由な視点での操縦を実現しています。



2.ランドレポート、ホロジオラマ ~AR・VRを用いた進捗管理体験~

 土木の現場は建機だけでなく、構造物の設置や資材管理など様々な要素から成り立っています。これらの要素を把握・共有するために開発中の2つのコンセプトモデル「ランドレポート」と「ホロジオラマ」を体験いただけます。

 なお、「ランドレポート」と「ホロジオラマ」は、株式会社カヤックと共同で開発しており、同社が持つAR・VR技術を取り入れています。


<ランドレポート>

 現場の様々な情報を共有するモバイルアプリです。AR技術と位置情報を組み合わせ、スマートフォンで撮影する現場空間に、お互いの位置や作業の進捗状況をリアルタイムに重ねて表示し、共有することができます。

<ホロジオラマ>

 仮想空間に現場と同じ環境を作り、VRゴーグルを用いて見ることで、その場にいるような感覚で現場を確認・管理することができる装置です。現場の様々な情報がリアルタイムに更新されるため、実際の現場と同じように計測や施工の検討ができます。また、遠隔地にある複数の現場を即座に切り替えることで、同時にいくつも現場を管理することを可能にします。



3.スマートコンストラクションアプリ ~新機能でより使いやすく~

 最新の施工進捗状況など、現場の情報をいつでもどこでもスマートフォンで確認することを可能にするアプリケーション「スマートコンストラクションアプリ」を、大幅にアップデートします。

 地形3Dビューアに「等高線表示」、「傾斜度合表示」、「ドローン撮影時の航空写真(オルソ画像)表示」といった新機能を搭載するなど、直感的な操作で、より使いやすく、よりわかりやすく、知りたい情報がすぐに引き出せるシステムへと進化した「スマートコンストラクションアプリ」をご紹介します。


4.LANDLOGコーナー ~もっとつながる未来の現場~

 IoTを用いて建設生産プロセスの変革を加速させるオープンプラットフォーム「LANDLOG」。コマツブースでは、LANDLOGが提供する最先端のソリューションや、LANDLOGを支える企業群「LANDLOG Partner」が提供する最新のサービスおよびアプリケーションをご紹介します。


<LANDLOGが提供する先端ソリューション>

 ・AIによる動画解析を用いた現場の機械・作業分析(日々カメラ)

 ・スマートフォンを用いた建機の稼働分析

<LANDLOG Partnerが提供するソリューション>

 ・ウェアラブル端末を用いた遠隔作業支援ソリューション

 ・KOMTRAX(機械稼働管理システム)の情報を用いた最適給油サポートソリューション、他


5.IoTタウン共同出展

 IoTタウンは、CEATEC JAPAN 2018のテーマであるSociety5.0の実現に向け、さまざまな先進企業が連携して新たなビジネスモデルにつながる共創を発信することを目的とした、主催者企画展示エリアです。

 コマツは、IoTタウンに高精度GNSS受信機メーカーのマゼランシステムズジャパン株式会社と共同出展し、見える範囲の地形を手軽に計測し、設計図と比較・確認することができる携帯型地形計測装置などをご紹介します。




  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。