2018年<オフロード法2014年基準適合> ホイールローダー「WA480-8」を新発売

2018年05月30日

 コマツ(社長:大橋徹二)は、最新技術を随所に織り込み、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律」(※1)2014年基準に適合したホイールローダー「WA480-8」を本年6月から発売します。
 当該機は、特定特殊自動車排出ガス2014年基準の排出ガス規制をクリアした新世代エンジンを新たに搭載し、窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の排出量を大幅に低減しています。
 先進のワイドレンジロックアップ付き大容量トルクコンバーターの採用や、作業負荷に応じてエンジン・パワートレイン・油圧システムを最適コントロールするコマツ スマートローダロジックにより燃料消費量を当社従来機に比べ20%低減(※2)するなど、生産性と燃費性能の両方で高いレベルを実現し、国土交通省2020年燃費基準達成率100%(申請予定)を達成しています。
 また、優れた掘削性を有した新開発のバケット(特許出願中)を標準装備。バケットの形状を、すくい込み性・満杯性・荷の保持性を考慮して見直したことで、作業効率を向上させています。さらに、同じく標準装備のオート掘削機能は、作業機にかかる負荷を感知し作業機を自動制御。掘削開始からすくい込みまでをアクセルのみで操作できるため、オペレーターの熟練度に関係なく安定した積み込み量を確保し、生産性の向上と疲労軽減に貢献します。
 最新のKOMTRAX(機械稼働管理システム)は、オペレーターごとの運行管理を可能にするとともに、排出ガス後処理システムに必要なAdBlue®(※3)の残量についても確認可能にしています。
 さらに、国内で初めてパワーラインの保証延長と無償メンテナンスを取り入れたサービスプログラム「KOMATSU CARE(コマツ・ケア)」が新車購入時から付帯され、トータルライフサイクルコストの低減と長時間稼働に貢献します。

※1. 通称、オフロード法という。
※2. 当社従来機との比較(当社テスト基準による)。実作業では作業条件により異なる場合があります。
※3. ドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標。尿素SCRシステム専用の高品位尿素水のこと。


【写真は新発売の「WA480-8」】*一部オプションが含まれています。


【主な商品の特徴】
1.環境、経済性
・特定特殊自動車排出ガス2014年基準適合車
 コマツが長年積み重ねてきた独自のエンジンテクノロジーを結集し、新たに開発した新世代エンジンを搭載。特定特殊自動車排出ガス2014年基準の排出ガス規制をクリアしています。
・燃料消費量20%低減
 先進のクリーン&エコノミー設計により高効率作業を実現。ワイドレンジロックアップ付き大容量トルクコンバーターの採用や、作業負荷に応じてエンジン・パワートレイン・油圧システムを最適コントロールするコマツ スマートローダロジックにより、生産性と燃費性能の両方で高いレベルを達成しています。
・新形状バケット
 優れた掘削性を有した新開発のバケットを標準装備。すくい込み性・満杯性・荷の保持性を考慮した形状に改善したことで作業機効率が向上しています。

2.ICT
・KOMTRAX
 一段と機能が充実したKOMTRAXを搭載。従来機にあった位置情報や稼働情報に加え、オペレーター識別やAdBlue®の消費量情報をお客様に提供することで、より細やかな業務管理ができるようになり、業務改善のツールとして使用できます。
・高精彩7インチ液晶マルチモニタ
 新搭載の高精彩7インチ液晶マルチモニタでは、必要な情報を必要なときに表示。省エネ運転をサポートするエコガイダンスとエコゲージをリアルタイムでオペレーターに知らせすることで燃費効率の良い運転が可能になるほか、車体の状態をモニタリングできる異常チェック機能を搭載し、万一の異常発生時には、モニターでスピーディーにチェックし休車時間を最小限に抑えるサポートをします。

3.快適性・安心
・広々とした快適空間と視界性
 静かでワイドな視界を確保した密閉式の大型ピラーレスキャブを採用。また、作業機レバーにはショートストロークで操作できる電磁比例制御式を採用したほか、シートとレバーを一体化することで作業路面の凸凹に対しても常に最適ポジションで作業することを可能とするなど、オペレーターの疲労を最小限に抑えます。
・オート掘削機能
 作業機にかかる負荷を感知し作業機を自動制御。掘削開始からすくい込みまでがアクセルのみで操作できます。オペレーターの熟練度に関係なく安定した積み込み量を確保できるため、生産性の向上と疲労軽減に貢献します。
・「KOMATSU CARE(コマツ・ケア)」
 特定特殊自動車排出ガス2014年基準適合車のための新車保証プログラムです。無償プログラムと有償プログラムで構成しており、無償プログラムは、従来の保証(1年間)に加え、次の項目を追加しています。
 ①パワーラインの3年間または5,000時間のいずれか早い方までの保証延長
 ②エンジンオイル・エンジンオイルフィルタ、燃料プレフィルタについて500時間毎2000時間まで(4回)の無償交換
 ③AdBlue®タンクブリーザ・AdBlue®フィルタについて2000時間到達時に1回の無償交換
 ④KDPF・AdBlue®タンクについて4500時間到達時に1回の無償清掃(工賃含む)

【主な仕様】


【発売月】   2018年6月
【公表価格】  5,750万円 *工場裸渡し消費税抜き
【販売目標】  25台/年(国内のみ)
  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。