2019年BHP社サウス・フランク鉄鉱山(西オーストラリア ピルバラ地区)へ 41台の超大型ダンプトラック930E-5を導入

2019年09月05日

 コマツ(社長:小川啓之)は、豪英資源大手BHP社のサウス・フランク鉄鉱山(西オーストラリア ピルバラ地区)向けに、超大型ダンプトラックの最新モデルであり、無人ダンプトラック運航システム(Autonomous Haulage System以下AHS)を後付け可能な930E-5を計41台導入し、201910月より順次稼働を開始します。

 

 コマツのAHSダンプトラックは、現在世界3カ国 9鉱山で稼働しており、累計稼働台数は180台、総運搬量は20億トンを達成しました。最近ではLTE (Long-Term Evolution) モバイルブロードバンド技術によるオペレーションも一部鉱山で開始しています。また本年4月に米国アリゾナ州に新設したAHSを専門に取り扱う組織「AHS Center of Excellence」より、お客様へのイノベーション、トレーニングやサポートを提供していきます。 またサウス・フランク鉄鉱山で稼働するダンプトラックやAHSを現地にてサポートするため、コマツオーストラリア(株)を通じて西豪州でサポート人員の雇用を創出します。


 コツは、20194月より3カ年の中期経営計画(2019-2021年度)「DANTOTSU Value FORWARD Together for Sustainable Growth」をスタートし、安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場をお客様と共に実現することを目指しています。今回の超大型ダンプトラックの導入により、テクノロジー主導による雇用創出とともに、鉱山のお客様の安全性・生産性の向上およびオペレーションの最適化により一層貢献していきます。



【写真:実験場で試験走行する超大型ダンプトラック930E-5(米国アリゾナ州)】



【写真:BHP社サウス・フランク鉄鉱山に導入された超大型ダンプトラック930E-5】


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。