2019年[リコール情報] フォークリフト LPG仕様ベーパライザブラケットに関するリコールについて

2019年07月19日

 2019年7月19日、コマツは国土交通省に対して、下記のリコール届出書を提出しましたので、お知らせします。


リコール情報

届出番号

4540

届出日

2019年7月19日

開始日

2019年7月19日

対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間

下表の通り

対象台数

372台

不具合の部位(部品名)

燃料装置(ブラケット)

不具合の状況

エンジン式フォークリフトのLPG仕様車において、LPGベーパライザの取付ブラケットの強度が不足しているため、ローアイドル時に油圧負荷を掛けるような操作を繰り返し行うと、原動機の振動により、当該ブラケットに亀裂が生じるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該ブラケットが折損し、LPGベーパライザが固定できなくなり、燃料配管に負荷が掛かり、最悪の場合、燃料配管が折損し、LPGが漏れ、発火するおそれがある。

改善設置の内容

全車両、当該ブラケットを対策品に交換し、燃料ホースを新品に交換する。また、振れ止めを追加する。

自動車使用者等に周知させるための措置

・使用者:直接電話またはダイレクトメール等により連絡する。

・自動車分解整備事業者:使用者を把握しており、周知のための措置はとらない。

・改善実施済車:ステッカ(No.4540)をダッシュボード前面右上方に貼り付ける。


対象となる車

車名

型式

通称名

対象の車台番号
 (シリアル番号)の範囲及び製作期間

対象台数

備考

小松

SM220

M220-655525~M220-668098
(2006年3月23日~2008年7月29日)

10台


小松

M224

M224-650012~M224-668169
(2005年2月4日~2008年8月9日)

207台


小松

M225

M225-700012~M225-742868
(2005年2月28日~2008年7月8日)

11台


小松

SM225

M225-700028~M225-743514
(2005年1月28日~2008年7月25日)

103台


小松

M226

M226-702166~M226-741197
(2005年3月30日~2008年6月5日)

18台


小松

SM226

M226-714347~M226-743832
(2006年5月12日~2008年7月31日)

8台


小松

M227

M227-706565~M227-740831
(2005年9月5日~2008年5月28日)

5台


小松

M232

M232-700031~M232-718799
(2005年2月23日~2006年9月21日)

8台


小松

M233

M233-700033~M233-712869
(2005年3月25日~2006年3月21日)

2台


計9型式

製作期間全体の範囲
(2005年1月28日~2008年8月9日)

計372台


【注意事項】
 リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。



  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。