2019年第68回日経広告賞「大賞」を受賞

2019年10月24日

 コマツ(社長:小川啓之)はこのたび、日本経済新聞社が主催する「第68回日経広告賞」にて大賞を受賞しました。

 日経広告賞は1952年にスタートした日本の代表的な広告賞で、コマツは今回、「人間の道をつくるなら、動物の道もつくれ。~ドイツの森が、そう語りかけている気がした。~」(2019年6月17日 日本経済新聞朝刊掲載)の作品にて、「社会環境を人間中心で見るのではなく、動物など生きるものとの共存への貢献といえるような企業活動をアートと融合して美しく表現していた。人間の想像力が先にあってデータを動かすというコマツの意思、使命の表示である」との高い評価をいただきました。
 大賞の受賞は第21回(1972年)以来、2回目となります。

 コマツは企業広告活動において、1995年よりお客さまの「現場」にクローズアップし、機械が稼働している様子を通じて、コマツの企業姿勢や技術革新への取り組みなどを紹介しています。
 今後も「品質と信頼性」を追求し、企業価値の最大化を図るとともに、ダントツバリュー(顧客価値創造を通じたESG課題の解決と収益向上)により、安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場の実現を、お客さまとともに目指していきます。

■受賞作品
「人間の道をつくるなら、動物の道もつくれ。~ドイツの森が、そう語りかけている気がした。~」


https://home.komatsu/jp/company/ad/newspaper/1202654_1666.html

  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。