2019年コマツ バッテリー駆動式ミニショベルを開発 bauma2019に初出展 -環境・人にやさしい次世代建機の早期市場導入を目指す-

2019年04月08日

コマツ(社長:小川啓之)は、次世代を見据えたバッテリー駆動式ミニショベルを開発し、4月8日から14日にドイツのミュンヘンで開催される国際的な建設機械見本市「bauma2019」に初出展します。

当該機は、コマツがこれまで培ってきたハイブリッド建機やバッテリーフォークリフトの技術をベースに、新たに開発した充電器や高電圧変換ユニットなどを搭載し、同出力のエンジン車と同等の掘削性能を発揮しつつ、“排気ガスゼロ”や騒音の大幅低減を実現した、環境・人にやさしい機械になっています。排気ガスや騒音を気にしながら行っていた病院や学校、住宅街での作業や、排気ガスがこもるトンネルや建物内などでの作業で、その実力が大いに発揮されます。

当該機は、コマツがすでに量産販売しているバッテリーフォークリフト(FEシリーズ)に搭載されているイージーメンテナンスバッテリーを採用。フル充電状態でおよそ2時間から6時間の稼働が可能です。昼休みなどの休車時間を活用した急速充電にも対応し、稼働時間を延長することができます。また、消費電力量や充電状況は車載モニターだけではなく、KOMTRAXによって位置情報や稼働情報などとあわせて遠隔地でも確認可能です。

さらに、高電圧機器は車体後方に集結させ、日常点検時には高圧電源箇所に触れる必要が無いなど、安全や整備性への配慮も施されています。

当該機は、すでに実際の施工現場においてテスト稼働中であり、早期の市場導入を目指しています。

※作業環境や使用条件により異なります。


【bauma2019に出展するバッテリー駆動式ミニショベル】

※写真は展示車と一部仕様が異なります



【主な仕様】


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。