2020年-建設現場のデジタルトランスフォーメーション実現を加速- スマートコンストラクション・レトロフィットキットの導入開始

2020年03月10日

 コマツ(社長:小川啓之)は、建設現場で稼働している既存の従来型建機に、3D-マシンガイダンス機能やペイロード機能などのICT機能を提供する後付けキット「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」を2020年4月下旬より株式会社ランドログ(社長:井川甲作)を通して、日本国内に導入開始します。

 コマツは、昨年4月よりスタートした新中期経営計画「DANTOTSU Value – FORWARD Together for Sustainable Growth」において、モノ(機械の自動化・自律化)とコト(施工オペレーションの最適化)で、施工のデジタルトランスフォーメーションを起こし、「安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場」の実現を目指しています。

一方で、現在、日本の建設現場で稼働する建機の98%以上は、ICT機能を有さない従来型建機であり、「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」は、既存の従来型建機に取り付けることで、3D-マシンガイダンスやペイロード機能などICT建機と同程度*1のICT機能を利用できるようにするものです。


 建設現場におけるデジタルトランスフォーメーションの実現を加速させるために、「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」は、コマツ製の建機だけでなく、油圧ショベルであれば機種を問わず後付け可能です。またお客さまがICT機能をより利用しやすいように、3D施工時に必要な「GNSS補正情報配信サービス」や3D設計データの送信や施工履歴を管理するスマートコンストラクション・レトロフィットキット用アプリ「SMARTCONSTRUCTION Pilot」を併せて開発・提供します。同アプリは市販のタブレットをモニターとして利用いただけるようにするなどし、「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」の利便性を高めるとともに低価格でのご提供を実現致しました。

 コマツは「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」により従来型建機のデジタル化を促進し、施工のデジタルトランスフォーメーションによる、「安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場」の早期実現に取り組んでまいります。


 ◆スマートコンストラクション・レトロフィットキットの内容

 <1.主な機能と特徴>

 ・3D設計データによる3Dマシンガイダンスを利用した施工

 ・ペイロードメータ*2(オプション)

 ・油圧ショベルであれば機種を問わず後付け可能

 ・予定価格 70万円(消費税、取付費用は含みません)

 ・提供開始時期 2020年4月下旬より(順次対象機種を拡大予定)

 

 *1:国土交通省i-ConstructionのICT活用工事におけるICT建機に必要とされる機能

 *2:ペイロードメータオプションについては、機種毎のパラメーター設定が必要なため、導入初期はコマツの機種のみが対象予定


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。