2020年土木建設サービス全体のデジタル業態革新「スマートコンストラクション」が 第3回日本サービス大賞 内閣総理大臣賞を受賞

2020年10月27日

 コマツ(社長:小川啓之)は、(公財)日本生産性本部 サービス産業生産性協議会が主催する優れたサービスを表彰する「第3回日本サービス大賞」において、当社の土木建設サービス全体のデジタル業態革新「スマートコンストラクション」が内閣総理大臣賞を受賞しました。

 「スマートコンストラクション」とは、「安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場」実現のため、建設現場の測量、施工、検査などのプロセス全体をデジタルでつないで実際の現場とデジタルの現場を同期させながら(デジタルツイン)、施工の最適化を実現するソリューションです。今回評価頂いた点は、以下の通りです。

  1. ①建設機械の販売だけでなく、3D地形データ、ドローン、ICT建機等を活用し、測量から完成検査までの全工程をサービスの対象とし、圧倒的な安全性・生産性向上を実現する。世界に類を見ない日本発のサービスを提供し、土木建設工事の業態を根本から革新しつつある。
  2. ②先端的建機・サービスの提供だけに留まることなく、従来型建機を廉価にICT建機化するレトロフィット・キットを販売し、業界全体のDXの底上げを図り、労働力不足に対応するためのサービスを提供している。
  3. ③2020年よりグローバル展開も開始。日本発の建設現場のプラットフォームとしての普及が期待される。

 コマツは今後も「品質と信頼性」を追求し、企業価値の最大化を図るとともに、ダントツバリュー(顧客価値創造を通じたESG課題の解決と収益向上)により、安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場の実現を、お客さまとともに目指していきます。


  
スマートコンストラクション イメージ (写真左)、表彰式の様子 (写真右)

<受賞名>
第3回日本サービス大賞 内閣総理大臣賞

<表彰対象サービス>
建設プロセス全体をデジタルでつなぎ、施工の最適化を実現するソリューション

[参考]
第3回日本サービス大賞 


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。