2020年コマツグループ3社による「東日本(小山地区)展示場」を開設

2020年11月24日

 コマツ(社長:小川啓之)の100%子会社であるコマツ産機株式会社(社長:北出安志 以下「コマツ産機」)は、2020年11月20日にコマツ栃木工場内(栃木県小山市)にコマツグループ3社による「東日本(小山地区)展示場」を開設しました。

 本展示場は、「未来のGEMBAを提案」をテーマに、コマツ産機製品のサーボプレス、プレスブレーキ、ツイスター加工機、溶接ロボットによる、「成形」「曲げ」「切断」「溶接」の各種加工を身近にご体感いただくことができるほか、コマツ産機製品だけでなくフォークリフトや工作機械といったコマツグループの3社(コマツ産機、コマツNTC、コマツカスタマーサポート リフト事業部)製品のデモンストレーションやプレゼンテーションなどもご覧いただけます。

 コマツは、1924年のプレス機械製作以来、つねに業界をリードする技術を取り入れてきました。これまで培ってきた技術・ノウハウと先進技術を生かし、変化する社会、多様化するニーズにコマツグループの総合力で、お客様の品質・生産性向上にさらに貢献していくため、展示場の開設を致します。

 今後は、新展示場での当社製品の展示に加え、リモートによるデモ加工やオンライン展示会の開催等を検討し、周辺地域のお客様だけではなく、全国のお客様にご利用いただける展示場を目指してまいります。

 コマツグループは、今後も「品質と信頼性」を追求し、企業価値の最大化を図るとともに、ダントツバリュー(顧客価値創造を通じたESG課題の解決と収益向上)により、安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場の実現を目指していきます。


(写真左: 左:田水コマツ栃木工場長 中央:藤田コマツ常務執行役員兼コマツNTC会長 右:森コマツ産機取締役専務執行役員)

(写真左: サーボプレス「H1F200Q-2」、写真右:油圧サーボプレスブレーキ「PVS2253-2」)

(写真左: バッテリーフォークリフト「左:FE25-1 右:FE18-1」、写真右:プラズマ切断ツイスター加工機「TFP510-3」)


■新展示場の概要

■展示の内容※1

※1展示製品は今後変更の可能性があります。
※2 フレキシブルトランスファライン 


[本ニュースリリースに関するお問い合せ先]
コマツ
コーポレートコミュニケーション部
TEL:03-5561-2616
メール:JP00MB_cc_department@global.komatsu

  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。