2020年<オフロード法2014年基準適合> ホイールローダー「WA150-8」を新発売

2020年06月02日

 コマツ(社長:小川啓之)は、最新技術を随所に織り込み、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律」(※1)2014年基準に適合したホイールローダー「WA150-8」を本年6月より発売しました。

 当該機は、WA150-6(オフロード法2006年基準)のモデルチェンジ機として、約6年ぶりに2014年基準適合車として導入される待望のWA150シリーズです。オフロード法2014年基準に適合するエンジンを搭載し、高効率でパワフルな作業性と高い最高車速を実現するとともに、市街地でも活躍できるコンパクトな車格と従来機の商品力や基本性能は継承しています。さらにバケット容量を従来機(※2)より向上させ、1.6m³としたことで余裕のある高効率な積み込み作業を実現しています。

 また、当該機は除雪仕様車および畜産仕様車もあわせて導入します。それぞれの作業特性を考慮した性能を従来機より継承しているほか、すべり易い路面でも最適な駆動力を得られ、タイヤスリップを減少させるコマツ独自のトラクションコントロールシステム「Sモード」などにより、操作性を重視した機能で安全・快適な作業をサポートします。

 コマツは今後も「品質と信頼性」を追求し、企業価値の最大化を図るとともに、ダントツバリュー(顧客価値創造を通じたESG課題の解決と収益向上)により、安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場の実現を目指していきます。


※1. 通称、オフロード法という。
※2. WA150-6

【写真は新発売の「WA150-8」】


【主な商品の特徴】
1.環境、経済性
特定特殊自動車排出ガス2014年基準対応エンジン搭載
 コマツが長年積み重ねてきた独自のエンジンテクノロジーを結集し、オフロード法2011年基準対応技術を改良するとともに新たに排出ガス後処理システムを採用し、オフロード法2014年基準をクリアしたクリーンエンジンを開発しました。エンジンを自社開発・自社生産している強みを生かし、さらなる環境負荷の低減と優れた経済性の両立を実現しています。

電子制御ハイドロスタティックトランスミッション(HST)
 可変容量ポンプと、モーターの電子制御により、シフト操作がフルオート化され、変速操作やキックダウン操作は不要となり、オペレーターの負荷が軽減されて作業に集中できます。また、トルクオフがないため、坂道での発進やかき上げ時に車両のずり下がりがなく、また車速がゼロからでも大きな駆動力を発揮するため、すくい込み作業が容易です。さらに、2モーター(低速モーター・高速モーター)方式電子制御により高効率でパワフルな作業性と高い最高車速の両立を実現しています。


2.快適性・安心
大容量バケットによる余裕の積み込み作業
 従来機より大きな1.6m³ のバケットを標準装備し常用荷重を向上させています。エッジには、交換が容易なボルトオンカッティングエッジ(B.O.C.)を装備しています。また、刃先が長く、製品積み込みに最適なバケット形状の採用により、すくい込みが容易に行え、積荷走行時の荷こぼれも抑えられます。大きなダンピングクリアランス・リーチとあいまって、余裕をもって高効率な積み込み作業が可能です。


3.ICT・メンテナンス
高精細7インチ液晶マルチモニター
 新搭載の高精彩7インチ液晶マルチモニターでは、必要な情報を必要なときに表示可能です。省エネ運転をサポートするエコガイダンスとエコゲージをリアルタイムで表示し、オペレーターに知らせることで燃費効率の良い運転が可能になるほか、車体の状態をモニタリングできる異常チェック機能を搭載し、万一の異常発生時には、モニターでスピーディーにチェックし休車時間を最小限に抑えるサポートをします。また、AdBlue® レベルと補給タイミング(※3)のサポートなどさまざまなメンテナンス情報をモニターで分かりやすく表示することでオペレーターのメンテナンスの負担を軽減します。

容易なラジエーター清掃
 簡単にフルオープンできるリヤーグリルとワンタッチで開閉できるスイング可能な油圧駆動ファンの採用により、冷却ユニットの清掃容易化を図りました。また、ラジエーター、空冷アフタクーラー、オイルクーラーが横一列に配置されることで、さらに清掃性向上を図っています。


※3. 2014年特定特殊自動車排出ガス基準では、AdBlue®レベルが非常に低くなるとエンジン出力を制限することを法的に要求しています。


【主な仕様】

※4. 冷却ファン最低回転速度時の値

※5. 45°前傾、ボルトオンカッティングエッジ先端まで



【発売月】  2020年6月

【公表価格】 1,770万円 *工場裸渡し消費税抜き

【販売目標】 200台(国内のみ)

  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。