2020年-建設現場のデジタルトランスフォーメーション実現を加速- 「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」を ミニショベルへ適用拡大開始

2020年10月14日

 コマツ(社長:小川啓之)は、建設現場で稼働している既存の従来型建機に、3D-マシンガイダンス機能やペイロード機能*1などのICT機能*2を提供する後付けキット「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」を、2020年11月よりミニショベルにも対象機種を拡大し国内市場へ導入します。


 コマツが本年4月より導入開始した「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」は、建設現場におけるデジタルトランスフォーメーションの実現を加速させるため、油圧ショベル(6トン以上クラス)であれば、コマツ製の建機だけでなく機種を問わず後付けが可能でしたが、このたびミニショベル(6トン未満クラス)にも適用を拡大させ、2020年11月以降、コマツグループが保有するレンタル機へ装着して日本国内市場へ導入します。まずは多くのお客さまにレンタル車として使用いただくことで、今後の更なる普及を目指します。

 従来、国土交通省i-ConstructionのICT活用工事は、中型クラスの油圧ショベルでの施工が主でありましたが、このたび低価格のレトロフィットキットをミニショベルへ後付け可能としたことで建築基礎、道路側溝、管工事の根伐や床掘などの狭所作業へもICT活用工事が広がっていくことが期待されます。


 コマツは「スマートコンストラクション・レトロフィットキット」により従来型建機のデジタル化を促進し、施工のデジタルトランスフォーメーションによる、「安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場」の早期実現に取り組んでまいります。



*1:ペイロードメータオプションについては、機種毎のパラメーター設定が必要なため、導入初期はコマツの機種のみが対象予定

*2:国土交通省i-ConstructionのICT活用工事におけるICT建機に必要とされる機能



  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。