2021年-ものづくりと技術の革新で新たな価値を創り、人、社会、地球が共に栄える未来を切り拓く-
創立100周年記念活動 こまつの杜リニューアル

2021年05月13日

 コマツ(社長:小川啓之)は、本日5月13日に創立100周年を迎えました。100周年記念活動の一環として、この度、石川県小松市のこまつの杜をリニューアルいたしました。

こまつの杜 リニューアル(全景)


 こまつの杜は、創立90周年記念事業の一環として、コマツ発祥の地におけるコマツグループのグローバルな人材育成の拠点とともに地域社会と一緒になり子供たちを育む場所として2011年より開園しました。

 この度、創立100周年記念活動の一環として、持続的に地域社会へ貢献し、またコマツの歴史を振り返るきっかけとなる拠点として、コマツの歴史を展示する「わくわくコマツ歴史館」を設置するとともに、これまで展示してきた世界最大級のダンプトラック「930E」の横に、新たに超大型油圧ショベル「PC4000」を設置いたしました。また、お子さま向けに建機の仕組みを学んでいただく展示や、天候に左右されずに楽しめるミニ建機体験スペース、理科教室などを開催する多目的ホールなどもリニューアルいたしました。

 6月1日(火)※よりリニューアル開所を予定しており、今後も、多くの方々が集い、ものづくりや自然に興味を抱き、コマツの技術に触れていただく機会を積極的に提供する施設として発展してまいります。

 ※新型コロナウイルス感染状況に伴う政府・自治体からの要請に従い、開所予定日が変更となる場合がございます。


 石川県小松市にて設立された当社は「海外への雄飛」「品質第一」「技術革新」「人材の育成」という創業の精神のもと、今日に至るまで「品質と信頼性」を追求し、ステークホルダーの皆さまの信頼度を最大化することに努めてまいりました。
 創立100周年を機にこれまでの歩み、原点を振り返るとともに、今後もコマツは次の100年に向けて、ものづくりと技術の革新で新たな価値を創り、人、社会、地球が共に栄える未来を切り拓くことを目指し、ステークホルダーの皆さまとともに歩んでまいります。

【わくわくコマツ歴史館(リニューアル)】
 旧本社社屋の外観を復元した「わくわくコマツ1号館」を「わくわくコマツ歴史館」としてリニューアルし、1階は創業期から現在に至る100年の歴史を紹介する年表やヒストリーシアター、2階はコマツグループのすべての社員が現場や職場で永続的に継承すべき価値観を行動様式で表現した「コマツウェイ」を紹介する展示など、コマツの100年の歩みと未来を学べる施設としました。

わくわくコマツ歴史館 1階イメージ(左) 2階イメージ(右)

【わくわくコマツキッズ館(リニューアル)】
 従来、団体のお客さまの受入場所として活用してきたわくわくコマツ館2号館を「わくわくコマツキッズ館」として、小さなお子さま連れのご家族に楽しく過ごしていただくエリアとしてリニューアルしました。
 原理体験ゾーン、コマツの技術を学ぶゾーン、当社運営のお子さま向けウェブサイト「ケンケンキッキ」に登場するオリジナルキャラクターたちを用いたキッズコーナーがあります。シアターでは「ケンケンキッキ」の動画コンテンツである「ちっちゃいショベルポコポクポコ」も上映予定です。

わくわくコマツキッズ館

【わくわくコマツ未来館(新設)】
 わくわくコマツ未来館は、地域社会とともに子ども達を育む場として、こまつの杜教室や各種イベント、団体見学など多目的に利用できるエリアとして新設しました。小学生向けのこまつの杜教室は教室スペースも拡張され、より多くのお子様に参加していただけるようになりました。また教室テーマも更に充実させる予定です。大ホールでは、コマツがこれまで培ってきた電動化技術をベースに製造された電動ミニショベルPC09による操作が体験できます。

わくわくコマツ未来館に設置されている電動ミニショベルPC09


【超大型油圧ショベルPC4000(新設)】
 「PC4000」は、コマツ金沢工場(石川県金沢市)で製造されている鉱山向けの超大型油圧ショベルです。展示車両の車体全高は約8メートル、バケット容量は22m³を誇ります。従来展示しておりました超大型ダンプトラック「930E」と同様に、展示車両には、スタッフ案内のもと、実際に運転席まで上がることが可能です。

こまつの杜 超大型油圧ショベル「PC4000」と超大型ダンプトラック「930E」
  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。