2021年―CO2排出量削減 再生コンポーネント事業を強化ー
南アフリカ・新リマン工場が完成

2021年03月15日

 コマツ(社長:小川啓之)は、この度、コマツアフリカホールディングス本社キャンパス(南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ)において新リマン工場を建設し、この度完成を迎えました。


 リマンとは、キーコンポーネントを自社開発・生産するコマツの強みを生かし、定期交換で回収したエンジン・トランスミッションなどのコンポーネントを、分解、洗浄、部品交換、再組立、塗装、出荷検査などいくつもの工程を経て、新品コンポーネントと同等の品質・性能によみがえらせ、再生コンポーネントとして提供する循環型ビジネスです。

 この度の完成した新工場は、南部アフリカ地域において高品質な再生コンポーネントを効率的にお客さまへ供給することを目指し、回収した再生前コンポーネント(コア)の受け入れから洗浄、分解検査、組立、出荷を効率的に流せるようレイアウトしており、汚れが付着したコアを扱う洗浄、分解検査エリアと、洗浄後のコアを扱う組立エリアを明確に区分することで、高品質な再生コンポーネントの生産を実現します。また、将来的な需要変動や取扱い機種の増加を考慮し、工場配置および工場内レイアウトに高い拡張性を確保しています。

 またリマン事業はコンポーネントを再生、再利用することで廃棄物を減らす「3R(リデュース、リユース、リサイクル)」活動であり、CO2排出量削減にも貢献しています。


 2016年より建設を開始したコマツアフリカホールディングス本社キャンパスは、この度の新リマン工場の建設により全施設が完成となり、南部アフリカ地域のセントラルハブとして、同地域のお客さまへの更なるサポート体制の強化を図ってまいります。


 コマツは、今後も「品質と信頼性」を追求し、企業価値の最大化を図るとともに、ダントツバリュー(顧客価値創造を通じたESG課題の解決と収益向上)により、安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場の実現を目指していきます。



 ※コマツアフリカホールディングス本社キャンパス:従来地理的に分散していた本社ビル、部品デポ、ワークショップ、トレーニングセンタ、リマンなど複数の機能を一拠点に集約した総称。


 ※リマン:「再生」を意味する「Remanufacturing」の略語


新リマン工場の外観写真

コマツアフリカホールディングス本社キャンパス外観写真

[新リマン工場の概要]
・所在地:17 Brickfield Road, Sunnyrock Ext 11, Germiston, P.O.Box196, Isando, 1600, South Africa(コマツアフリカホールディングス本社キャンパス内)
・敷地面積:約11,000m2(建屋面積:8,700m2)
・投資金額:約22億円

[キャンパスの概要]
・名称:コマツアフリカホールディングス本社キャンパス
・所在地:17 Brickfield Road, Sunnyrock Ext 11, Germiston, P.O.Box196, Isando, 1600, South Africa
・敷地面積:約300,000m2
・投資金額:約76億円


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。