2021年<生産プロセスの見える化・最適化により生産性向上を実現>
コマツ 「KOM-MICS」をクオリカより一般販売開始

2021年04月05日

 コマツ(社長:小川啓之)は、生産現場で培った技術とノウハウを活かした生産プロセスにおける課題解決と生産性向上を実現する「KOM-MICS」(※1)を2021年4月よりクオリカ株式会社(代表取締役社長:辻本 誠、以下クオリカ)を通じて販売を開始しました。

 コマツは、中期経営計画「DANTOTSU Value – FORWARD Together for Sustainable Growth」において気候変動に対応した環境負荷低減の取り組みや、安全に配慮した高品質・高能率な商品・サービス・ソリューション提供に取り組んでおり、日本の製造業の発展、特に中小企業の生産現場のDX化促進に寄与することを目的として、「KOM-MICS」を他企業にも販売し、クオリカを通して提供していきます。

 「KOM-MICS」 は、工作機械やロボットから稼働データおよび加工データなどの各種データを収集し、それを分析することで、工場の稼働状況の可視化や最適化に向けた施策立案を支援するプラットフォームです。前中期経営計画よりコマツは「つながる工場」活動を推進し、その一環として生産ラインを見える化・改善する「KOM-MICS」を自社開発しました。当プラットフォームは国内外のコマツグループ生産工場および協力企業に展開され、これまでに機械加工機約1,000台、溶接ロボット約500台に接続され、サプライチェーン全体の生産性を飛躍的に向上させています。さらに、お客さまが使用している様々なメーカーの既存の工作機械やロボットに対しても安価かつ容易に後付けが可能であり、ICTに関する特別なリテラシーが要求されないことから、様々な生産現場への適用が期待できます。

 また「KOM-MICS」は、第8回「ものづくり日本大賞」の製造・生産プロセス部門において、内閣総理大臣賞を受賞しています。協力企業と生産現場のデータを提供し合い、共に生産性を高めるという世界に類を見ない事例で、かつグローバル市場で成果を上げており、生産現場へのインパクトが大きい点が評価されました。

 今後もコマツは次の100年に向けて、ものづくりと技術の革新で新たな価値を創り、人、社会、地球が共に栄える未来を切り拓くことを目指し、ステークホルダーの皆さまとともに歩んでまいります。


※1 KOM-MICSは、コマツの登録商標です。


図1:KOM-MICSの強み

KOM-MICSの概要
■販売開始の背景
 国内の製造業界では、国内就労可能人口の低下や若者のものづくり離れが大きな課題になっており、国際競争力の低下や技術革新の停滞などが懸念されています。こういった課題が深刻化し、生産プロセスのICT化が重要となる中、各種データは個々の生産プロセスで管理されることが多く、工程内で閉じてしまうため、工場の「生産プロセス全体を一元管理し最適化する」ために活用されていないのが現状です。また、次世代型の多品種少量ものづくり、マスカスタマイゼーションへと進化させるためには、生産プロセス全体のデータの収集と一元管理・分析・改善に活用可能なオープンなプラットフォームが必要です。
 このような環境の中、コマツは「つながる工場」活動を推進し、その一環として生産ラインを見える化・改善するスマート工場ソリューション「KOM-MICS」を自社開発しました。

■「KOM-MICS」の3つのサービス 
 以下の3つのサービスで工場内のさまざまな生産現場からのデータを収集し、そのデータの見える化を実現します。

図 2.KOM-MICSの接続図

●KOM-MICS Logger生産現場とViewerをつなげるためのロギングソフトウェアです。
●KOM-MICS Cloud:生産現場から取得した様々なデータを保存、管理します。
●KOM-MICS Viewer:生産現場のデータを見える化し、問題点の改善、品質および生産性を向上させます。


■今後の展開
 今後は、適切な権限管理のもとで生産プロセスにおけるあらゆるデータを集め、外部パートナーと連携し生産現場のみならずサプライチェーン全体の生産性向上が可能なアプリケーションを提供予定です。
 さらに将来に向けて、あらゆる業態から広くパートナー企業を募り、多くのパートナー企業とエコシステムを確立し、持続的に発展可能なオープンプラットフォームを構築していきます。そして、プラットフォーム上で多くのユーザーにアプリケーションを利用頂くことで、安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場の実現を目指していきます。

図 3.KOM-MICS ダッシュボード画面

「KOM-MICS」の詳細(クオリカウェブサイト)

  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。