経営の基本「コマツウェイ」

コマツの経営の基本は、「品質と信頼性」を追求し、社会を含むステークホルダーからの信頼度の総和を最大化することです。

コマツウェイ

経営層を含むコマツグループのすべての社員が現場や職場で永続的に継承すべき価値観が「コマツウェイ」です。コマツウェイは、当社の成長・発展の中で創業者の精神をベースに先人たちが築き上げてきた当社の強さ、強さを支える信念、基本的な心構え基本的な心構えと持つべき視点、それを実行に移す行動様式(スタイル)を明文化したものであり、当社ではコマツウェイを全社員に浸透させるよう、伝承・定着を図っています。
コマツウェイには「マネジメント/リーダーシップ編」、「“ものづくり”編」、「ブランドマネジメント編」から成るすべての社員向けにまとめた共通編に加え、関係各部門がそれぞれにまとめた部門編があります。

共通編の項目は以下のとおりです。

マネジメント/リーダーシップ編

1.経営トップ/リーダーの心構え

(1) 経営トップ/リーダーの現場密着

(2) パートナー間の連携

(3) 方針展開

(4) 人材育成

(5) ブランドマネジメントで意識改革

2.経営トップ/リーダーの行動指針

(1) 取締役会を活性化すること

(2) 全ステークホルダーとの コミュニケーションを率先垂範

(3) ビジネス社会のルールを遵守すること

(4) 決してリスクへの対応を先送りしないこと

(5) 常に後継者育成を考えること

“ものづくり”編

  1. 品質と信頼性の追求
  2. 顧客重視
  3. 源流管理
  4. 現場主義
  5. 方針展開
  6. ビジネスパートナーとの連携
  7. 人材育成・活力

ブランドマネジメント編

  1. 顧客を理解する
  2. 顧客に総合力で向き合う
  3. 顧客と共に歩む
  • ブランドマネジメント
    お客様にとって、コマツグループで無くてはならない度合いを高め、パートナーとして選ばれ続ける存在になるための活動を「ブランドマネジメント」と位置づけています。

コマツのコーポレート・ガバナンス

コマツは、「企業価値とは、我々を取り巻く社会とすべてのステークホルダーからの信頼度の総和である」と考えています。
株主の皆様をはじめ、すべてのステークホルダーから更に信頼される会社となるため、グループ全体でコーポレート・ガバナンスを強化し、経営効率の向上と企業倫理の浸透、経営の健全性確保に努めています。株主や投資家の皆様に対しては、公正かつタイムリーな情報開示を進めるとともに、株主説明会やIRミーティングなどの積極的なIR活動を通じて、一層の経営の透明性向上を目指しています。

コマツの行動基準

コマツは、「コマツの行動基準」を作成し、ビジネス社会のルールを遵守することの大切さを国内外のグループ全社員に徹底しています。また、ルールを遵守した企業活動が行われるよう、本社にグループ全体のコンプライアンスを管理・指導する部門を設け、専任の責任者を置いて着実に活動を進めています。