沿革

  • 企業情報に関する出来事
  • 製品に関する出来事

1960

1917年1月

竹内鉱業(株)(創立1894年)、小松鉄工所を開設し、自社用工作機械、鉱山用機械を生産

1921年5月

小松鉄工所を竹内鉱業(株)より分離独立し、「(株)小松製作所」を設立

コマツ創業者 竹内明太郎

1924年

市販プレス第1号、450t成形プレス製作

市販プレス

1931年10月

農耕用トラクターの国産第1号完成

農業用トラクター

1934年7月

東京株式取引所に株式上場(初値85円50銭)

1935年10月

高級鋳物、特殊鋼材の研究、製造開始

高級鋳物

1938年5月

粟津工場開設

1941年11月

大型油圧成形プレスの生産開始

1943年1月

国産ブルドーザーの原型「小松1型均土機」を製作

小松1型均土機

1947年12月

「D50ブルドーザー」1号機完成

D50ブルドーザー

1948年2月

ディーゼルエンジンの生産開始

1951年8月

本社を小松から東京(千代田区丸の内)へ移転

1952年10月

大阪工場開設

1952年10月

モーターグレーダーの生産開始

モータグレーダー生産開始(GD30-1)

1952年12月

池貝自動車製造(株)、中越電化工業(株)を吸収合併し、それぞれ川崎工場、氷見工場として発足

1953年1月

フォークリフト生産開始

フォークリフト

1953年11月

ダンプトラック、特殊車両の生産開始

1955年1月

アルゼンチン向けモーターグレーダー輸出契約締結(初の建機輸出)

アルゼンチン向けモータグレーダー

1955年8月

アルゼンチン向け400t油圧万能プレス製作(初のプレス輸出)

1956年9月

ショベルローダーの生産開始

1956年10月

北京・上海日本商品見本市に出品、中国向け第一次建設機械輸出契約締結

北京・上海日本商品見本市

1958年9月

インド国防省とトラクター国産化に関する技術援助契約締結

1960年~

1961年9月

全社的品質管理(QC)導入

QC導入

1961年11月

米カミンズ社とディーゼルエンジンに関する技術提携契約締結

1962年12月

小山工場開設

1963年6月

米ビサイラス・エリー社と油圧ショベルに関する技術提携契約締結(1981年3月解消)

1964年

インドに初の海外駐在員事務所を設立

1964年11月

デミング賞実施賞を受賞

デミング賞受賞

1964年12月

米インターナショナルハーベスター社と合弁事業契約締結(1982年1月解消)

1965年

ホイールローダーの生産開始

ホイールローダー生産開始

1966年3月

現住所に本社新社屋(小松ビル)竣工

現在所に本社

1967年1月

ベルギーに「小松ヨーロッパ(株)」設立(初の海外現地法人)

1968年10月

油圧ショベルの生産開始

油圧ショベル生産開始

1968年12月

小山工場にエンジン総合工場完成

1968年12月

コマツ製雪上車KD60が南極点到達

南極雪上車

1970年~

1970年2月

「小松アメリカ(株)」設立

1971年1月

「小松シンガポール(有)」設立

1972年12月

小型プレス分野に進出

1973年4月

氷見鋳鋼工場竣工

1974年9月

メキシコに「ディナ小松(株)」設立

1975年4月

コマツブラジル(有)で初の海外現地生産機「D50A」完成

コマツブラジルD50A

1977年10月

小口径管推進工法アイアンモールを発売

1979年2月

オーストラリアに「小松オーストラリア(株)」設立

1980年~

1980年7月

超大型コンビネーションプレスライン開発

1981年11月

日本品質管理賞受賞

日本品質管理賞

1982年12月

インドネシアに「小松インドネシア(株)」設立

1984年3月

レーザー加工機を発売

1985年2月

米国に「小松アメリカマニュファクチャリング(株)」設立

小松アメリカマニュファクチャリング

1985年8月

米国に「小松アメリカインダストリーズ(株)」設立

1985年12月

英国に「英国小松(株)」設立

1986年8月

ドイツに「小松インダストリーズヨーロッパ(有)」設立

1988年9月

米国に「小松ドレッサーカンパニー」設立

1989年7月

ドイツのハノマーグ社に資本参加

1989年9月

ファインプラズマ加工機を発売

ファインプラズマ加工機

1989年12月

ベルギーに欧州事業を統括する「欧州小松(株)」を設立

1990年~

1991年4月

コマツ女子柔道部創部

女子柔道部創部

1991年10月

オーストラリアに「エヌエスコマツ(株)」設立(2000年6月「コマツオーストラリア(株)」に社名変更)

1991年11月

イタリアのファイ社に資本参加

1993年10月

日米に「コマツカミンズエンジン(株)」と「カミンズコマツエンジンカンパニー」を設立

1994年6月

「コマツ産機(株)」、「コマツ工機(株)」を設立

1995年4月

次世代ステッパー光源の「エキシマレーザ」の事業化を開始

エキシマレーザー

1995年5月

中国に「小松常林建機公司」設立(2000年11月「小松(常州)建機公司」に社名変更)

小松常林建機公司

1995年8月

中国に「小松山推建機公司」設立

1995年9月

イタリアに「ファイコマツインダストリーズ(株)」設立(2000年6月「コマツユーティリティヨーロッパ(株)」に社名変更)

1995年11月

タイに「バンコックコマツ(株)」設立

1996年1月

ドイツに「デマーグコマツ(有)」設立 (現「 コマツドイツ(有)」)

1996年1月

米国のモジュラーマイニングシステムズ社に資本参加

1996年5月

中国に「小松(上海)有限公司」設立

1997年2月

南アフリカ共和国に鉱山機械・建設機械の販売会社「コマツ南部アフリカ(株)」を設立

1997年10月

鋳造部門を独立し「コマツキャステックス(株)」を設立

1998年

KOMTRAX(機械稼働管理システム)開発

KOMTRAX

1998年1月

カミンズ社とディーゼルエンジン共同開発合弁会社「(株)アイ・ピー・エー」を設立

1998年2月

インドに「 エルアンドティーコマツ(株)」設立

1999年1月

アラブ首長国連邦に中近東地域の建機販売統括会社「コマツ中近東(株)」を設立

1999年5月

チリに「コマツカミンズチリ(有)」設立

1999年9月

世界最大のメカニカルドライブ式ホイールローダー「WA1200」を新発売

2000年~

2000年11月

米国の建設・鉱山機械部品メーカー、ヘンズレー・インダストリーズ社を買収

2001年1月

中国における建設機械の地域統括会社「小松(中国)投資公司」を設立

2001年7月

KOMTRAX(機械稼働管理システム)標準搭載開始

2004年1月

スウェーデンのパルテック・フォレスト社を買収し、林業機械の製造販売会社「コマツフォレストAB」を設立

スウェーデンパルテック・フォレスト買収

2004年8月

アテネ五輪でコマツ女子柔道部の谷本歩実選手(63kg級)が優勝

2006年8月

コマツウェイを制定

コマツウェイ

2006年10月

コマツ電子金属の株式51%を(株)SUMCOに譲渡

2007年1月

茨城工場、金沢工場、コマツインディア(有)生産開始

2007年4月

小松フォークリフトとコマツゼノアを合併、「コマツユーティリティ(株)」を設立

2008年

「日本地雷処理を支援する会」と提携し、カンボジアとアンゴラで対人地雷処理と復興支援活動を開始

地雷除去

2008年1月

無人ダンプトラック運行システム(AHS)を世界で初めて市場導入

無人ダンプトラック運行システム

2008年3月

(株)日平トヤマを連結子会社化(10月「コマツNTC(株)」に社名変更)

2008年6月

ハイブリッド油圧ショベルを世界で初めて市場導入

ハイブリッド油圧ショベル

2008年8月

北京五輪で谷本歩実選手が優勝(2連覇)

2009年4月

建設機械の国内販売・サービス事業を再編し「コマツ建機販売(株)」を設立

2010年~

2011年4月

コマツユーティリティ(株)を吸収合併

2011年4月

コマツNTC(株)とコマツ工機(株)が合併。コマツエンジニアリング(株)を吸収合併

2011年5月

当社発祥の地、石川県小松市に「こまつの杜」が誕生

こまつの杜

2011年5月

ギガフォトンを完全子会社化

2012年8月

ロンドン五輪で杉本美香選手が銀メダル獲得

2013年6月

世界初自動ブレード制御機能搭載中型ICTブルドーザーを市場導入

2013年10月

小松山推建機公司がデミング賞を受賞

2014年10月

世界初インテリジェントマシンコントロールを実現したICT油圧ショベルを市場導入

2015年2月

建設現場ICTソリューション「スマートコンストラクション」を開始

スマートコンストラクション

2017年4月

米国の大手鉱山機械メーカーであるジョイ・グローバル社を買収、「コマツマイニング(株)」に社名変更

ジョイグローバル買収

2021年の創立100周年を見据え、そしてそれ以降も持続的な成長を目指すため、
コマツはこれからも世界の現場でイノベーションを起こします。