2017年超小旋回ミニショベル「PC38UU-6」を新発売

2017年03月30日

 コマツ(社長:大橋徹二)は、フルモデルチェンジした超小旋回ミニショベル「PC38UU-6」を本年3月から発売しました。
 当該機は、エンジンと油圧システムを最適に制御するコマツ独自の電子制御システムに加え、新たにEモード、オートデセル、オートアイドルストップ機能、ダイヤル式燃料コントロールを採用することにより、従来機の作業性能を維持しながら燃料消費量を4%低減(*1)しました。
 同時に、干渉自動回避、深さ測定、高さ自動停止などのUUシリーズ独自の先進システムを織り込んで作業効率の向上を図っています。また、フロアチルトアップ構造の採用により、機体内部の整備作業が的確かつスピーディーに行えるようになりました。
 更に、横転時保護構造 TOPS(*2)対応キャノピ、ロックレバー自動ロック機能、セカンダリエンジン停止スイッチ、およびシートベルト未装着警報などを新たに加え安全性を高めています。また、多くの情報を見やすく表示する3.5インチカラー液晶多機能モニタや取得可能なデータが大幅に増えたKOMTRAXの装備により、機械稼働の「見える化」を進めています。
 加えて、アームクレーン仕様では最大定格荷重を従来機の0.9tから1.2tに増加させ更に汎用性を高めました。
 当該機は、国土交通省第3次排出ガス基準に適合しています。

*1.当社従来機との比較(当社テスト基準による)。実作業では作業条件により異なる場合があります。
*2.ISO12117(JIS A 8921)に適合


[写真は新発売の「PC38UU-6」]*一部オプションが含まれています。


商品仕様

   

PC38UU-6

機械質量

kg

3,580

エンジン定格出力 グロス

kW/min-1

18.9/2200 [25.7/2200]

標準バケット容量(JIS A 8403-4)

m3

0.11

標準バケット幅(サイドカッタ含む)

mm

530(600)

全長(輸送時)

mm

4,370

全幅

mm

1,740

全高(輸送時)

mm

2,450

後端旋回半径

mm

870

作業機最小旋回半径

mm

950


[発売月] 2017年3月
[公表価格] 615万円 *工場裸渡し消費税抜き
[販売目標] 500台/年


  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。