2019年統合報告書「コマツレポート2019」発行

2019年10月08日

 コマツ(社長:小川啓之)は、このたび、統合報告書「コマツレポ―ト2019」を発行しました。

 当社は2013年度より「CSR報告書」・「環境報告書」・「アニュアルレポート」を集約した「コマツレポート」をホームページで公開して参りましたが、本年度より、全てのステークホルダーの皆さまに向けて、中期経営計画(2019-2021年度)「DANTOTSU Value - FORWARD Together for Sustainable Growth」をより深く理解頂くための情報開示の一つとして、統合報告書「コマツレポート2019」を制作しました。

 本報告書では、中期経営計画における「成長戦略による収益向上(財務指標)とESG 課題解決(非財務指標)の好循環で持続的成長を目指す」という価値創造モデルの紹介を中心に、中期経営計画策定への思いを語る社長メッセージ、財務戦略や経営目標を紹介するCFOメッセージ、成長戦略3本柱によるESG課題の解決への貢献度を評価するための指標(KPI)に加え、本年策定した人権に関する方針などで構成されています。従来当社が取り組んできた環境、社会貢献、コーポレート・ガバナンス(ESG)の活動についても紹介しています。

 また本報告書で掲げたESG課題の解決への貢献度を評価するための指標(KPI)は、中期経営計画を着実に遂行していくために、成長戦略3本柱との関連性を分析して設定しており、来年度以降の報告書において、その達成度を公表していく予定です。

 コマツは、2021年の創立100周年とその先を見据え、成長戦略による収益向上とESG課題解決の好循環で持続的成長を図り、「経営の基本」である「品質と信頼性」を追求し、「企業価値」である、我々を取り巻く社会と全てのステークホルダーからの信頼度の総和を最大化することを目指します。

<統合報告書「コマツレポート2019」>

和文:https://home.komatsu/jp/ir/library/annual/
英文:https://home.komatsu/en/ir/library/annual/
  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。