2019年[リコール情報] 動力伝達装置(トランスミッションブリーザ)に関するリコールについて

2019年11月08日

 2019年11月8日、コマツは国土交通省に対して、下記のリコール届出書を提出しましたので、お知らせします。


リコール情報

届出番号

4600

届出日

2019年11月8日

開始日

2019年11月8日

対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間

下表の通り

対象台数

81台

不具合の部位(部品名)

動力伝達装置(トランスミッションブリーザ)

不具合の状況

ショベル・ローダのトランスミッションブリーザにおいて、水浸入の評価が不十分だったため、高圧洗車機を使用してタイヤやエンジンフード側面に多量に水をかけると、トランスミッションブリーザを経て、ミッションオイル内に水が混入することがある。そのため、トランスミッション内部の水が蒸発してセルモータ内部に浸入し、錆を発生させ、最悪の場合、エンジンが始動できなくなる。

改善措置の内容

全車両、トランスミッションブリーザを点検し、カバーが装着されてないものはカバーを取り付ける。また、セルモータ及びトランスミッションオイルを新品に交換する。

自動車使用者等に周知させるための措置

・使用者:直接電話またはダイレクトメール等により連絡する。
・自動車分解整備事業者:使用者を把握しており、周知のための措置はとらない。
・改善実施済車:ステッカ(No.4600)をキャブの後部窓内側左下に貼り付ける。


対象となる車

車名

型式

通称名

対象の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間

リコール対象車の台数

備考

コマツ

UDS-WA120

「WA470-7」

WA120-10100~WA120-10632
(2012年11月6日~2016年8月29日)

56台


コマツ

YDS-WA129

「WA470-8」

WA129-100021~WA129-100324
(2015年6月9日~2018年5月28日)

25台


計2型式

計2車種

製作期間全体の範囲
(2012年11月6日~2018年5月28日)

計81台

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。