2021年コマツマイニング 英国工場のルーフサポート生産機能を移管
―坑内掘り石炭(ソフトロック)向け鉱山機械の生産再編―

2021年03月19日

 コマツ(社長:小川啓之)の100%子会社であるコマツマイニング株式会社(以下KMC、社長:Jeffrey Dawes)は、このたび坑内掘り石炭(ソフトロック)向け鉱山機械のロングウォール事業のうち、英国のウースター工場で生産するルーフサポートを協力企業へ生産移管することに着手し、引き続き、構造改革を実施していくことを発表しました。なお、KMCは引き続きルーフサポートの技術サポートの提供を担うとともに、アームドフェースコンベヤーやシェアラーの開発・生産・販売を継続します。

 鉱山機械の需要は、鉄、銅、金などのハードロック向けは堅調に推移しているものの、石炭向けビジネスは、世界的な脱石炭の流れや燃料炭の価格低迷の影響を受け縮小が続いています。このたびの構造改革により、需要にあわせて生産能力を適正化するとともに強固な収益構造・企業体質を実現し、コマツグループの持続的成長を目指します。

 

 本件は2021年度中に順次移管を進めていきますが、お客さまへの製品供給への影響はなく、また本件に関する連結業績への影響は軽微です。 


[ウースター工場の概要]

   ・住  所:  Bromyard Road Worcester WR2 5EG United Kingdom

   ・主要品目:  アームドフェースコンベヤー、シェアラー、ルーフサポートなどの坑内掘り石炭向け鉱山機械(ロングウォール事業)


       
 【ルーフサポート(ソフトロック採掘時の崩落を防止する)】    

 
【坑内掘りロングウォール工法完成システムを構成するルーフサポート(写真上部)】



  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。