2021年「DX銘柄2021」に選定されました

2021年06月08日

 コマツ(社長:小川啓之)は、このたび経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」に選定されました。

 経済産業省は、2015年より、企業の戦略的IT利活用の促進に向けた取り組みの一環として、東京証券取引所と共同で、中長期的な企業価値の向上や競争力の強化のために、経営革新、収益水準・生産性の向上をもたらす積極的なIT利活用に取り組んでいる企業を「攻めのIT経営銘柄」として選定しており、昨年からは、デジタル技術を前提として、ビジネスモデル等を抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化につなげていくDXに取り組む企業を「DX銘柄」として業種区分ごとに選定しています。企業の選定にあたっては、デジタルガバナンス・コードの柱立てに沿った評価項目による一次評価と、企業価値貢献およびDX実現能力の観点による二次評価にて審査されています。


 企業価値の向上につながるDXを推進するための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用の実績が表れている企業として、本年は「DX銘柄2021」に28社 が選定され、銘柄選定企業の中から2社が「DXグランプリ」に選定されております。当社は昨年に続き2回目の銘柄選定(昨年は「DXグランプリ2020」選定)となり、「攻めのIT経営銘柄」を含めると5回目の選定となります。


 今後もコマツは「品質と信頼性」を追求し、企業価値の最大化を図るとともに、成長戦略による収益向上とESG課題解決の好循環で持続的成長を図り、 次の100年に向けて、ものづくりと技術の革新で新たな価値を創り、人、社会、地球が共に栄える未来を切り拓くことを目指してまいります。


[参考]
・経済産業省ニュースリリース
「DX銘柄2021」「DX注目企業2021」を選定しました



  • ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。