重点分野・重点活動

コマツのCSR優先課題

CSR重点分野を整理する過程において、第三者としてNPO法人である米国BSR(Business for Social Responsibility)からの支援 をうけながら、以下のステップを踏みました。

  1. コマツが本業を通じて貢献できるCSR優先課題を選定しました。
  2. グローバルに共有できるコマツのCSR重点分野・重点活動を策定しました。

まずは、数多い社会的課題のなかから建設・鉱山・産業機械メーカーとしてコマツに関連あるものを抽出しました。 次に、それぞれの社会的課題について「コマツの事業にとって重要であるか」について評価しました。事業への重要度を理解す るために、社内役員や海外現地法人の経営トップへのインタビューを実施しました。 さらに、それぞれの社会的課題が「コマツが大切にするステークホルダーにとって重要であるか」についての評価を行いました。 ステークホルダーへの重要度を評価するに当たっては、政府・政策担当者、業界専門家、メディア、顧客(建設・鉱山関連)やサプライヤーなどによる発言や発行物などを参考にしました。また、ステークホルダーの視点を反映するためにBSR社の助言を取り入れました。

社会的課題の評価

コマツの事業にとっての重要性を横軸に、ステークホルダーにとっての重要性を縦軸に、社会的課題の評価結果を整理しました。

右上に配置された社会的課題は、コマツの事業と社会の双方にとって重要な社会的課題(=CSR優先課題)と位置づけられ、その中からコマツのCSR優先課題として次の16項目を選定しました。これらの優先課題に注力することにより、本業を通じた最も有効な社会的活動を遂行できるものと考えます。

CSR優先課題

商品・サービス・お客さま
  • 安全性向上商品
  • お客さまへの責任ある対応
環境
  • 環境対応商品
  • 環境対応(事業所・稼働現場)
  • リマニュファクチャリング(製品再生)
社員
  • 人材育成
  • 職場の安全性向上
  • 社員の尊重
人権
  • 基本的人権の尊重
  • 雇用の平等
倫理とガバナンス
  • ステークホルダーとの協力
  • コーポレートガバナンス・コンプライアンス
  • ビジネスパートナーを含めた社会のルールの遵守
地域社会
  • 地域社会の発展
  • 災害復興支援
  • 地域住民の生活向上

重点分野・重点活動の策定

優先課題をベースに、社内やBSRとの議論を重ね、3つのCSR重点分野を導き出しました。

コマツのCSR重点分野

  • 生活を豊かにする -社会が求める商品を提供する-
  • 人を育てる
  • 社会とともに発展する

これを達成するために、3つの分野それぞれについて、「本業を通じた活動」として中期経営計画に沿った重点活動を定めています。またコマツは本業に加えて、事業を行う地域に対する「社会貢献活動」を行うことも、企業の責任であると考えています。社会貢献活動も、本業で培ったノウハウを活かすテーマに力を入れており、以下のような活動を行っています。

CSR重点分野 CSR重点活動
本業を通じた活動 社会貢献活動
生活を豊かにする
-社会が求める商品を提供する-
  • インフラ整備と生活の向上に貢献する商品やサービスの提供
  • イノベーションによる生産性/安全性向上・効率化・省エネルギー促進
  • 商品の稼働現場と事業所における環境対応
  • 商品のライフサイクルにおける環境負荷低減
  • 安全性の向上(お客さま、社会、社員、ビジネスパートナー)
  • 社会が求める環境対応・安全性向上のための活動や支援
  • 社会が求める商品・サービス・技術の支援・無償提供
人を育てる
  • コマツウェイを通じた人材育成(社員、協力企業)
  • ブランドマネジメントを通じた人材育成(社員、代理店)
  • 社員の尊重、ダイバーシティ
  • 地域社会における人材育成への貢献
  • 次世代育成
社会とともに
発展する
  • ステークホルダーとの双方向のコミュニケーション
  • コーポレートガバナンスとコンプライアンスの徹底
  • ビジネスパートナーを含めた環境・労働・社会規範遵守の促進
  • 災害復興支援
  • 本業を活かした地域社会貢献