製品安全 -イノベーションと安全性の向上-

イノベーションは、環境性能や経済性など、さまざまな価値を生み出します。その中で私たちが何よりも優先しているのは「安全性」です。

安全な商品の提供に始まり、究極の安全性といえる無人運行システムまで、イノベーションを駆使して、安全の面からも、お客様の価値創造を追求しています。

現場オペレーションの安全に向けて

安全性の高い商品をお客様に提供することは、メーカーとして最優先の責務です。常に最新の国際的な規制・標準に対応することはもとより、他社の追随を許さない「ダントツ」の安全性を備えた商品を、お客様にお届けします。

それと同時に私たちが目指しているのは、お客様の現場オペレーションの「あるべき姿」を実現させる、イノベーションによる安全性向上です。

コマツは、作業機の自動制御を実現したICTブルドーザー(2013年)およびICT油圧ショベル(2014年)を市場導入しました。ICT建機はオペレーターの経験を問わず、熟練者のような高い精度の工事を可能にします。これにより、従来必要とされた補助作業員が不要となり、また「丁張り」という人手による工程が不要となるため、現場の省人化が実現され、安全性が向上します。

さらに究極の安全を実現するのが「無人運行システム」です。オーストラリアとチリの大型鉱山で本格稼働している、無人ダンプトラック運行システム(AHS)は、300トンもの土や鉱物を運搬する超大型ダンプトラックが、自律走行するシステムです。鉱山の過酷な環境で、多数の建設機械や車両を24時間安全に稼働し続けるために、お客様は最大限の注意を払います。そのお手伝いをするのがAHSです。通信衛星や各種レーダー、センサーなど、最先端の技術を組み合わせたこのシステムは、安全を追求するお客様の多様化する要望に応えるため、さらなる進化を続けながら、お客様の現場の「あるべき姿」の実現に貢献しています。

安全への取り組み事例

鉱山現場の安全性向上:無人専用運搬車両「Innovative Autonomous Haulage Vehicle」

コマツは、これまでにない全く新しいコンセプトの無人専用運搬車両「Innovative Autonomous Haulage Vehicle」を米国ラスベガスで2016年9月に開催された鉱山機械見本市「MINExpo INTERNATIONAL® 2016」において実機展示しました。
本機は、有人車両をベースにしたこれまでのダンプトラック(930E/830E-AT)と異なり、鉱山現場における無人稼働のメリットを最大限に発揮できるよう、無人専用の車両として新規に開発中のもので、将来の市場導入を目指しています。運転室(キャブ)をなくし、空車でも積車でも4輪等荷重配分とし、4輪駆動・4輪リターダ・4輪操舵を採用することで、前後方向を選ばない走破性の高いシャトル走行が可能になり、積込場や排土場での切り返し動作が一切不要になります。特に、多雨・多雪などの滑りやすい現場や積込場の狭さなどの制約から既存の無人ダンプトラックでは稼働しづらい現場にも導入することができ、大幅な生産性の向上が見込まれるのと同時に、安全性の確保実現を目指します。
コマツは2008年に世界で初めて無人ダンプトラック運行システム(AHS)を実用化し、これまでにチリやオーストラリアなどの大規模鉱山で累計10億トン以上の運搬実績を積んでいます。これからも鉱山機械の稼働最適化、遠隔操作、無人化を積極的に進めることで鉱山現場の安全と生産性の大幅な向上に貢献し、お客様にとってなくてはならない存在になることを目指します。

建設現場の安全性向上:建設現場に大きな変革をもたらすダントツソリューション「スマートコンストラクション」

コマツは、2013年からICTブルドーザ「D61PXi」やICT油圧ショベル「PC200i」などのICT建機の市場導入を進めてきました。こうしたICT建機の開発に加え、建設現場が抱える様々な課題を解決し、「未来の現場」を実現させていくためのソリューションを開発、提供していくサービス事業「スマートコンストラクション」を開始し、これからの中核事業として育成することにしました。
「スマートコンストラクション」は、建設現場にあるあらゆる情報をICTで繋ぎ、安全で生産性の高い現場を実現するとともに、蓄積されたデータを社会インフラの整備や災害復旧にも役立てていきます。