職種と仕事を知る-研究・開発(電気電子・情報・制御)

Works 職種と仕事を知る

誰もが使いやすいOSを設計。
開発のスピードをアップしていく。

研究・開発(電気電子・情報・制御)
Y・T/2016年入社/理工学部 物理情報工学科出身
ICT開発センタ コンポソフトグループ(当時)
  • ・ICT建設機械のコントローラー・OSを主に担当。品質確認試験と不具合対応を行う。
  • ・皆が協力し、それぞれの担当を超えてプロジェクトを完遂。チームの大切さを知りました。
  • ・仕事を知れば知るほど深さが分かる。今後は新機種の開発にも挑戦したい。

もっと見る

CAREER

  • 1年目

    コンポソフトグループに配属。ICT建機のコントローラー用オペレーティングシステム(OS)の品質確認テスト等を行う。

  • 2年目

    ICT建機のコントローラー用OSの不具合対応や設計等を行う。

ハードとソフト、
両方の技術者の設計をフォローしています。

現在私はICT建機のコントローラーOSの不具合対応、品質確認試験などを行っています。OSはハードウェア(以下ハード)とソフトウェア(以下ソフト)を繋ぐ橋渡しのような存在です。ハード設計者とソフト設計者がハード・ソフト仕様の両方を把握して設計するのは、時間がかかります。そこで私の所属する部署では、設計者の方々が効率よく設計できることを目標に、OS設計をしています。具体例を一つ説明すると、OSは、ソフトで実現したい機能やハードの仕様を理解して、ソフトが電源を管理したりセンサー情報を読み出したりするための機能を提供しています。電子回路設計チームやアプリ設計チームなど、多くの方と連携をとって進めていく必要があります。これが難しさでもあり、面白さでもあると思います。ハードの知識とソフトの知識を両方とも必要とするため、まだまだ力不足な場面が多いですが、色々なチームの要望に応えられたときはとてもやりがいを感じます。

チームが一体になった時、
仲間の大切さを改めて知りました。

自分のチームでは、自身の設計しているICT建機のコントローラーOS以外にも、チームメンバーはそれぞれ担当OSに分かれて仕事をしています。そんな中、先日あるプロジェクトで締め切りが迫っていたため、担当機種関係なく、チーム全員でそのプロジェクトに取り組んだことが印象に残っています。目標期限に間に合うように、毎日進捗を報告する中で、担当の垣根を越えてサポートする大切さを知りました。チームは仲間なのだと改めて感じた機会でした。「自分の仕事が終わらないときは助けを求めていいこと」「自分の仕事に余力があるときは他の人をサポートすること」。仕事が大変な時を過ぎると、私は忘れてしまいがちなのですが、今後もこの2つは意識して仕事をしようと思っています。

仕事を知れば知るほど、
プロ仕様の機械の凄さを感じます。

次世代機種開発のアイディアを出すため、次世代機種開発担当メンバー数名で実車試乗に行った事が、記憶に残っています。「次世代はこういう機能をつけたらいいのでは」と、私なりに検討してから試乗会に臨みました。しかし、現場の指導員の方と実際にお話したり、運転をする中で、考えていた案はほとんどが廃案になりました。「設計者は建設機械の運転・作業に関して素人である。」「コマツが作っているものはプロ仕様の機械である。」この2つが分かったことは、今後大きく役に立つと思います。現在は主に不具合対応や品質確認のテストを行っています。実物のコントローラーを動かして不具合を直したり、テストしたりするなかで、「ここはこういった設計にしたらどうだろう」という意見も持てるようになってきました。ここで得た経験を活かして、今後は機能の設計や新しい機種開発などにも挑戦し、仕事の幅を広げていきたいと思います。

  • 入社して分かったコマツの良さは?

    多くの人と協力しなければ
    実現できない仕事がある。

  • コマツの社風を一言で
    表すと何ですか?

    やってみよう、やらせてみよう

Weekly Schedule!
  • Mon

    チームミーティングで先週の進捗や今週の目標の共有、
    新機種開発検討を行う。

  • Tue

    不具合試験セッティング、
    他のチームとの話し合いや進捗確認を行う。

  • Wed

    品質確認試験、不具合試験結果を確認する。

  • Thu

    品質確認試験の結果報告、不具合対策検討。

  • Fri

    他のチームとの話し合いを行い、不具合試験対策を実施。

  • Sat

    友人と遊ぶ、運動・ピアノを弾く・本を読むなどでリフレッシュ。

  • Sun

    掃除や洗濯など。

▲このページのトップに戻る